ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と理解

私の思いは旦那を含め誰にも理解されることがないのかもしれません。

私がいくら叫んでも泣いても、誰の心にも届かないのかもしれません。

私一人だけが苦しみ悲しみ、大袈裟だ馬鹿げてると、

嘲笑だけで同情も共感もないのかもしれません。

私は笑われても構いません。

同情も共感もされなくても仕方がありません。

旦那と相談女由KRの味方はいても、

私の味方はいないのかもしれません。

でも、傷ついた娘はどうなるのか、

無知に旦那と相談女由KRの味方はしないでください。


私が思いを話せば、迷惑でしかならず、

人は離れていくのかもしれません。

私は旦那を含め誰も信じられないです。

私はいない方がいい、私が黙ればいい、

そう思われているのかもしれません。

私は追い詰められているので死がよぎりますが、

もちろん娘がいるから死ねません。

だから心が死にました。

旦那と相談女由KRによって殺されました。

残された命を全うするしかないのです。

たとえ助けを求めても旦那同様に無視され、

邪険にされるのが関の山でしょう。

私の居場所は冷たい風が吹きます。

私の居場所は凍るような風が吹きます。

私はいくら吹きさらしでも構いませんが、

娘が一緒に巻き込まれてしまうことは避けたいです。

娘が苦しまないように悲しまないように、

困らないように傷つかないように、

娘の心を壊さないように守らなくてはなりません。

娘の心を傷つけた者にお仕置きが待っているでしょう。