ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女と直感した女の勘

2015年7月30日に退院した私はしばらく抗生剤の服用が必要でした。

まだ旦那の連休は何日か残っていました。

私の入院で旦那の10連休を前倒ししてしまったこともあり、

連休明けに会社に持っていく、お詫びとお礼の菓子を買いに行きました。

 

有名なようかんと最中のお店で、

この時に何個買う必要があるか尋ねた時に、

旦那が会社の人の名前を言いながら人数を数えていました。

旦那が呟くように言った『K』という名前になぜだかピンときました。

本当に不思議なことですが、『K』が相談女だと直感しました。

 ー女の勘は当たる

 

前日に旦那が車の点検に出かけました。

後からわかったことですがこの点検中、一人になった旦那は、

相談女にメールしたそうです。返信も来たらしいです。

もちろん土曜の休日、仕事に一切関係ない私的メールです。

仕事の延長線上と言い訳のしようがない行動です。

それは私が嫌がることです。

 

ピンときた私は意を決して、8月3日の夜に旦那に話し合いを切り出しました。

「現在の状況から脱して家庭改善をしたい、このままではいけない」

 

旦那も同意し、お互いの意思を確認しました。

ただ、旦那の意思と私の意思では大きく差があったのです。