ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と相談

相談という言葉は本当に便利だと思います。

相談があるからとお泊まり不倫疑惑?のおじいちゃん元アナ、

お盛んすぎて気持ち悪い話です。

相談があれば別居中(離婚前提ではない)の妻がいるのに、

シングルマザー宅に宿泊は自分勝手なご都合主義

まだ小学生のお子さんがいる家に例え別の部屋だとしても、

親族でもないよそのおじいちゃんが寝てるのは怖いだろうと思います。

もしかしたらそれ以上に怖いことが行われてのかもしれません。

いや、目撃しなくともトラウマになります。

腕を組んでる、手を添えてる写真も撮られたみたいだし、

言い逃れは不様で恥ずかしい行為です。

おじいちゃん元アナもお相手のモデル?さんも、

家族の気持ちを完全無視なのがいい歳して痛いです。

奥さんにしろ、子供にしろ、嫌悪感と信頼を裏切られて、

一生の傷になることを痛感してもらいたいです。


相談を口実にして二人きりで会うことを、

正当化しようとするのは小賢しい真似です。

相談があるという人に気をつけてと注意喚起を促すと、

逆に促した人が悪く言われて、人でなし扱いをされます。

本当に困った相談なら、素人じゃ解決しません。

専門機関や公的窓口に行くべき事案なのです。

話を聞いてもらいたというのであれば、

最低限の配慮と社会人としての常識をわきまえましょう。

相談する行為が誰かの不安と悲しみにつながるならば、

控えるべきだし、それは相談する相手が違うということです。

相談だからいいじゃないかという思考は、

横暴かつ身勝手であることに気づいてください。

それは相談というものは健全なものではなくてはなりません。

相談を恋愛テクニックに使うのは結構ですが、

それはフリーのターゲットだけに限ってください。

相談という、まやかしで魂胆と悪意は誤魔化しれません。

はっきり言ってしまえば、性悪さがダダ漏れです。

見えないのは本人のみで、はたから見れば愚かな光景です。


相談を口実にしてきた人が相手に興味がなくなったり、

目的が果たされたり、面倒になったり、

自分の立場が悪くなることがあれば、

そんなつもりはなかったとしらばっくれます。

事実、相談女由KRは謝罪と償いなしで雲隠れをしてます。


相談女由KRに直接、会ったことも話したこともありませんが、

どんな人間性の持ち主か想像はある程度つきます。

心ある人ならば、謝罪と償いをします。

誰か人を傷つけて知らんぷりする、

私は悪くないとトンズラする人間です。


私が入院、手術となるかはわかりませんが、

万が一に備えて、きちんと責任を取らせた方がいいのかもしれません。

だって死人に口なしですから、ここに残していきます。


旦那と相談女由KR自ら、責任を果たす意思は無いのでしょう。

自ら頭を下げる覚悟も度胸もないのならば、

生きる資格はなしと思います。