ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と迷いと決断

私はまだ迷いの中にいながら、

日々の決断をして過ごしている。

この生活が娘の人生において正しい選択であるのか、

日常の一つ一つの選択肢が娘の為になっているのだろうか。

どんなに真剣に考えても確固たる自信はない。

しかし、ないながらも手探りでも前に進まなければならない。


旦那は約4年前に妻の私に隠れて、会社の後輩相談女と、

私的メールのやりとりをしていた。

きっかけは相談女から、「結婚も彼氏も面倒だから、

精子バンクを利用して出産したい」という、

明らかに相談女のありもしないネタ話で、

まんまと手口に引っ掛かったのだ。


*相談女とは彼女持ちや既婚男性に相談を手口として近づき、

パートナーとの関係を壊そうとする厄介な女性のこと。

目的は略奪、承認欲求、自己顕示欲、ちやほやされたいなど、

いわゆるメンヘラ要素を持ち、同姓から大いに嫌われ、

独身モテメンには相手にしてもらえない特徴をもつ。


それ以前はありきたりの家族や夫婦であったが、

旦那と相談女の身勝手で自己中心的な欲求と、

あまりに残酷で横暴で心無い行為によって、

私と娘は悲しみ、苦しみ、一生の傷を抱えることになった。

たかがメールと旦那は言い放ち、世の中に軽んじる見方もあるだろう。

だが、されどメールで深く傷つく人間がいるのも事実である。


一度は旦那も再修復を試みたが、旦那は逆ギレし、

自分は悪くないと開き直ったまま、家族夫婦関係は悪化する一方である。

相談女によって家族家庭崩壊、破壊されたのである。

すでに約4年経っても旦那と相談女は謝罪と償いをしていない。

今更、謝罪と償いをしたとしても許されないのだが、

しらばっくれているのは極悪非道である。


そんな環境下で私と娘は今日も暮らしている。

青空、咲き誇る紫陽花、ひょこりと顔を出すカタツムリ。

娘の気持ちを尊重したい。

新しい決断とは何か。

変わることはもちろんだが、変わらないことも新しい決断だと思っている。

忘れることは必要だが、忘れないことも必要だと思っている。

特に悲劇はどちらの要素も持っている。

私はこの約4年の間に大切な家族である愛犬を喪ってしまった。

旦那と相談女によって、愛犬と向き合う時間を奪われた。

愛犬も娘と同様に最大の被害者である。


今の瞬間瞬間の迷いと決断が、

娘を幸せに出来ると願い、信じ、

私は娘に寄り添い、旦那と相談女を決して逃さないと決断した。

私は血を流しても逃げない。


私一人でも語れる人がいればいい。

だから、ここに思いを遺書として残している。


娘の流した涙の重みを、

娘を傷つけた罪の責任が果たされるまで、

私は折れずに強く生きる。