ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と一周忌

明後日は愛犬が亡くなって一周忌です。

旦那から法要に車は出すけど参列はしないと言われました。

愛犬は旦那を家族として迎えたのに、旦那は愛犬を家族として扱わず、

あまりに不憫でうかばれないことが悔しくて心苦しいです。

 

愛犬がクッシング症候群と診断を受け、

服用を始めたのが昨年10月29日だったと思います。

それから3週間余りで愛犬はこの世を去りました。

日に日に衰弱し、声もあげず、横たわり、苦痛に耐えていました。

食いしん坊で食べることが大好きだったのに、

食べられないまま亡くなりました。

 

もし、他の医療機関、他の医師、他の選択肢を選んでいたら、

愛犬の命を助けることが救うことが出来たかもしれません。

たった3週間前まで散歩も出来て、ごはんも食べられて、

元気でいたのですから、命を奪われてしまったのです。

 

私が旦那と相談女由KRが私的メールをしたことで意識をとられ、

愛犬に100%向き合うことが出来なかったので、

愛犬を守ることが出来ませんでした。

 

旦那と相談女由KRは私と娘を私的メールで傷つけたうえに、

かけがえのない家族まで犠牲にしました。

それでもなお謝罪と反省と償いをせずに、しらばっくれたままです。

 

きっと私のブログを知る人間は存在するはずです。

旦那と相談女由KRがどこの誰であるか心当たりがあるでしょう。

旦那と相談女由KRに処罰が下るよう、

この事実を周囲に認知してもらえるよう協力お願いします。

 

不貞行為は証明できなくても、たかがメールではありません。

家庭を崩壊させ、夫婦関係を悪化させた立派な原因です。

それは業務上の立場と知り得た情報を不適切に利用し、

私利私欲の目的の為に他者を傷つけた反社会的行為で、

私と娘は精神的苦痛を余儀なくされています。

娘が流した涙、娘の傷ついた心、愛犬の命

この悲しみと苦しみ、娘の為に力を貸してください。

パパと一緒にいたいという娘が可哀想でなりません。

 

愛犬が苦しんでいた期間、静かに過ごしたいと思ってましたが、

旦那が大声を出し、暴れ、それどころではありませんでした。

私もいつか暴れなくてはならないのでしょう。

どういう形でどう暴れるのか自分でも想像はつきません。

ただただ、消えない怒りと悲しみ、戻らない命の代償は必ずや、

旦那と相談女由KRに責任を果たしてもらうまで、

どこまでもいつまでも逃がしはしません。

絶対に絶対に許しません。