ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女とない!

私は、

「やましいことはないか?浮気不倫はないか?」

旦那に聞きました。

旦那は、

「ない!」と大声を出し、アイロン台を思いっきり叩きました。

「気分が悪い、最悪だ!」と大声を出しました。

「死ねばいいのか、殺してくれ」と言ってました。

私も、

「毎日最悪(不安)で、毎日(浮気不倫やましいことが)ないのか考えてる」と言いました。

「ないない言うけど、本当にないからなのか?娘の前でもないと言えるのか?」

そう聞いたら、

旦那は、

「ない!」と言いました。

 

私が、

「娘を傷つけない為に大事なことをわかっているか、

確認したいから話に来た」と言うと、

旦那は、

「お前が壊してるんだ!お前のせいだ!」と、

また、アイロン台を叩きながら、

大声で罵声を浴びせられました。

私は、

「人のせいにするのは簡単だけど、自分達が作り上げたものだから、

私にも責任があるし、あなたにも責任がある」と言いました。

 

 

直後にこの記事を書いて修正しながらなのですが、

記憶が抜けてるかもしれません。

また、会話形式で読みにくいと思います。

 

私が、

「大きな声や音を出すと怖がるだけだから、やめてほしい」と言うと、

旦那は、

「お前はメールでぐちぐちと嫌がらせを送ってくる」と言われました。

私は、

「何か言ったり聞いたりすると、すぐに大声を出すから、

(浮気不倫やましいことが)ないのか聞きたいが、毎日(不安で)考えてる」と言いました。

私は、

「だからメールにしている」と言いました。

旦那は、

「それならメールを娘に見せる」と言われました。

私は、

「それはやめた方がいい」と言うと、

旦那は、

「自分が不利になるからだ」と暴言を吐かれました。

 

私は旦那に大切なことを伝えたり、大事なことを確認しているので、

メールは見せても構わない内容ですが、それを今の娘に見せることが、

娘の為になると思わないからです。

時として私の感情が激高して露わになることもありますが、

それは悲しみ、苦しみ、傷ついた心の叫びです。

 

下の階にいた娘は階段の下で待っていました。

大声と大きな物音が聞こえた娘は怖かった、心配したと言いました。

 

旦那はやましいことも、浮気不倫もないと言ってること、

私の記憶の限りを記録に残します。

嘘かどうか確かめる由と術がありませんが、

この発言で旦那が嘘つきかわかるはずです。

 

世の中に色んな考えや人によって受け止め方が違うので、

たかがメールしただけで旦那が可哀想と感じる方や、

相談女を気の毒に思われる方もいるのかもしれません。

私に共感してくれる方もいると思います。

私がいくら叫ぼうと私の思いは届きません。

なぜなら旦那自身が拒否拒絶の硬化した態度で、

私の気持ちを理解しようとしないからです。

私と旦那が不仲になった責任はお互いにありますが、

だからといって私には浮気の範疇である私的メールは、

許せない裏切り行為でしていい理由にならないのです。

いくら思いを言葉にしても旦那に伝わりません。

無視されるだけで、攻撃と言われるだけです。