ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と幻

愛犬にそっくりな犬を見かけました。

私は毎朝、娘の見送りに通学路に立っているのですが、

犬種は違えど毛色が顔が愛犬にそっくりでした。

元気な頃の若い頃の愛犬が目の前にいるようでした。

今までも同じ時間に立っていて初めて見たのでたまたまなのか、

引っ越しされてきたばかりなのかもしれません。

なんだか嬉しい気持ちと寂しい悲しい気持ちが一度に押し寄せました。

また見かけることが出来たらいいと思います。

 

愛犬が亡くなる前の数か月、私が散歩に連れて行くことは数回でした。

普段は母に任せているので、私が行くことは少なかったです。

なぜもっと愛犬との時間を過ごさなかったのか、とても悔やまれます。

もっと散歩や遊んであげたかった、もっと旅行に行きたかった、

もっと抱きしめてあげたかった、もっと一緒にいたかった。

 

旦那と相談女の身勝手な行為のせいで私は苦しみ、悲しみ、傷つけられ、

頭がおかしくなり、心を病んでしまいました。

特に9月、10月は旦那が夜に家を飛び出したり、パソコンを隠したり、

精神不安定で自分でも異常な状態だと感じていました。

なぜなら愛犬の誕生日を忘れてしまうぐらいでした。

お祝いの犬用手作りケーキやプレゼントも用意出来ずに、

きちんと祝ってあげられなかった。

愛犬に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

旦那と相談女のことで愛犬のことがおろそかになってしまったこと、

旦那と相談女のことで正常な思考と判断が出来なかったこと、

旦那と相談女のせいで愛犬を死に追いやってしまったこと、

旦那と相談女のせいでさらに深い悲しみ、取り返しのつかない後悔を負ったこと。

旦那と相談女はどこまで私たち家族を悲しませ、傷つけたら気が済むのでしょう。

 

私が鬼になり、悪魔になれば、旦那と相談女に罰を与えられるでしょうか。

愛犬は私がそうなることを願わないでしょう。

愛犬は優しく強く、お利口で頑張り屋さんでした。

旦那に家族じゃない、期待するなと言われて邪険に思われても、

旦那を家族と思って接していた愛犬の気持ちが報われなかった。

 

優しいものが真面目なものが傷ついたり、損をしたり、苦しむ世の中。

愚かで心無いもの、卑劣なものがはこびる世の中。

地獄があるなら墜ちればいい、願わずとも墜ちていくのでしょう。