ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と費用

愛犬が亡くなった動物医療センターから請求書が届きました。

実費(保険外)なので人間より高いことはもちろんですが、

最期に受けた治療の静脈点滴は意外に費用が低価格で、

最初から医療センターで静脈点滴をしてもらっていれば、

命が助かったかもしれない、愛犬は生きていたかもしれない。

 

命に値段はありませんが、かかりつけの動物病院で受けた皮下点滴は、

医療センターの静脈点滴よりも高額でした。

愛犬の命を救うための治療だったはずなのに効果がないものでした。

もしかしたらその治療が愛犬の命を奪ってしまったかもしれない。

なんだかやるせない気持ちになりました。

 

どうして具合が悪くなった時、動物医療センターに連れていかなかったのか。

どうしても車が必要になるから、

旦那に頼らない方法と頭が働いてしまったと思います。

かかりつけの動物病院と医師を信じ、

愛犬が苦しんでいるのに助けられなかったのか。

あの日、あの時に賢明な判断をすべきだった瞬間が幾つもあります。

私は信じて疑わず旦那に裏切られたのに、

医師を信じて疑わずに裏切られた思いです。

 

私が私さえ正常な思考と健康な肉体であれば、

愛犬を喪うことはなかったかもしれません。

私を悲しませ、苦しませ、傷つけて心身ともに私を追い詰めた、

旦那と相談女は人間の屑でしょう。

旦那と相談女は痛くも痒くもないのだから、

何を訴えようと本人達は関係ないと思います。

謝罪と反省と償いをしないのだから、

せいぜい嘲笑されたらいいでしょう。

神仏も悪魔もいないのだから、誰も何も旦那と相談女を罰しない。

私一人じゃ力がないのがもどかしい。

 

私はどんなに笑われても気味悪がられてもいい。

愛するものを喪えば狂う、愛するものを守る為に鬼になる、

愛するから当たり前です。