ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女と旦那の罪

愛犬が旅立って10日、涙しない日はありません。

愛犬と過ごした日々、愛犬との楽しい時間、愛犬に癒され、

愛犬との喜び、愛犬に感謝することばかりです。

 

それだけに後悔と悲しみが深いのです。

愛犬がクッシング症候群を発症して

適切な治療を受けさせてあげられなかったこと。

旦那と相談女が私的メールした2年前以降、私は精神的に不安定になり、

正常な思考と判断ができなかったこと。

旦那と相談女の行為によって悲しみ、苦しみ、傷つけられて、

愛犬への意識や関わりがおろそかになってしまったこと。

旦那と再構築を目指したために、旦那の意見に翻弄され、

愛犬との時間を一緒に過ごすことが減ってしまったこと。

全てが愛犬の死につながりました。

 

旦那と相談女は直接、愛犬を殺したわけではありませんが、

私を通して間接的に死に追いやった要因になりました。

旦那は愛犬を家族じゃない、期待するなと言って見殺しにしました。

娘を傷つけたのと同じです。

本人たちは言いがかり、とばっちりとでも言って、しらを切るでしょう。

 

当然、旦那と相談女は自分たちのせいじゃないと思ってるし、

心が痛んだり、罪悪感を感じることもないでしょう。

人非人だから何とも思わないでしょう。

人の気持ちがわからない人間が本当にいるんだと、

旦那と相談女に遭遇して感じました。

 

12月7日に送別会兼忘年会、12月12日にチームの忘年会があるそうです。

おそらく旦那はどちらも出席するのでしょう。

また飯田橋かしら。

 

私たち家族が涙してる時に酒を飲んで、

笑って楽しむ神経はたまったものではありません。

でも旦那は愛犬を家族でないと言ったように、

私たちのことも家族でないのでしょう。

せめて四十九日がすむまで喪に服し、飲酒と酒の席を控えることはできないのか。

 

旦那に家族でないと言われた愛犬は旦那を家族と思って受け入れました。

愛犬は旦那のことも家族だと思って接していました。

愛犬が不憫で可哀想すぎます。