ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女と娘の気持ち

10月16日はほぼ定時上がりで旦那が帰宅しました。

娘が起きている時間に話をするためです。

旦那は娘が生まれる前から生まれてからも、

娘が起きる前に家を出て、

娘が寝てから家に帰る生活でした。


だから定時で上がって娘が起きてる時間に帰ることは、

ほぼないに等しい、年に1回あるか程度だと思います。

 

旦那は仕事、私は育児、お互いに感謝とねぎらう言葉もなく、

今まできてしまったのは反省点だと私は思っています。

ただ当たり前の役割をこなしてきただけですが、

お互いに思いやる気持ちが必要だと思います。

 

娘は土日にパパと遊べるゲームをとても楽しみにしています。

平日もパパの帰宅が早ければ不可能ではないのだと思いますが、

仕事の都合状況と今の旦那の気持ちでは無理でしょう。

こうして娘に諦めさせ我慢させていることはあるのです。

私が娘一番で甘やかして我慢が足らないと旦那は思ってるようですが、

そうではない部分はもちろんあるのです。

特にパパに対して娘は諦めて我慢していると思います。

 

いきなり娘に気持ちを聞かせてと言ってもびっくりしてしまうので、

「パパは今日早く帰るから、ゲームできるよ。

ゲームの後にママとパパとお話しするから、

娘(の名前)ちゃんの気持ちを聞かせてね。」と、

前置きがてら声をかけておきました。

 

娘はゲームが出来る嬉しさから一転、泣き出しました。

泣いてる理由を尋ねると、

「パパに気持ちを話すのが嫌だ」と娘は言いました。

悲しい?と聞くと娘は悲しいと答えました。

苦しい?と聞くと娘は苦しいと答えました。

つらい?と聞くと娘はつらいと答えました。

 

どれぐらいの時間が経ったのでしょうか。

娘は私に叱られることがあっても、ある程度の時間で泣き止みます。

何かのきっかけで笑い出して泣き止んだりもします。

でも、この時は全然泣き止みませんでした。

「もし、泣きたくなったらパパの前で泣いてもいいんだよ」と声をかけると、

「パパの前で泣くのは嫌だ」といってまた泣きます。

 

夜、ママとパパが話し合いをしてる場面を

娘も見て聞いています。

不穏な雰囲気を肌で感じているでしょうし、

何よりママが不安で壊れる姿を目の当たりにしています。

全てを理解はしてないとはいえ、子ども心に気づいていると思います。

だから、娘も不安で心配で苦しくて、

悲しくて、つらくて、傷ついています

それは旦那と相談女が私的メールしたことが原因です。

 

ゲームが終わり、「娘(の名前)ちゃんの気持ちを聞かせて」と言うと、

娘は「パパと一緒に暮らしたい」と言いました。

娘は精一杯、頑張って旦那に伝えたと思います。

旦那は私が娘にそう言わせたと思ってるのでしょうが違います。

 

『パパと離れたくない、パパと一緒に暮らしたい』

娘の正直な気持ちは事実で真実です。