ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女と時間

旦那が相談女の手口にまんまと引っ掛かり、

家庭と家族が滅茶苦茶になったこの2年あまり。

どれだけの涙を流しただろう。

どれだけ娘の心を傷つけたのだろう。

 

あとどれぐらい、私に時間が残されているのだろう。

娘にしてあげられること、娘を笑顔にしてあげること。

私に出来ることは娘の為に生きること。

楽しい思い出を娘に残してあげないと、私は親として心残りです。

 

娘を傷つけた旦那と相談女が同じ痛みを思い知る日が来るでしょう。

そう思うしかないのが我ながら情けない。