ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女の影響

昨日も旦那と喧嘩?いや、旦那が一方的にキレました。

今日は旦那は大学時代のバスケ仲間と飲みに行くそうです。

 

相談女の一件があって以来、飲みに行くときは時間と場所、

店などを連絡してもらう約束をしています。

なぜなら、唯一の信頼を裏切られて信じられないからです。

 

先週、会社で歓迎会があったのですが、

そのときも連絡がありませんでした。

 

旦那は次々と私との約束を無視して破ります。

 

私は連絡してもらうことで、約束を守ることで、

また裏切られるんじゃないか、裏切ることをしてないか、

その不安を抑えるための方法なのです。

 

今日の飲みのことをメールで聞いても無視して返信なし。

昨日、帰宅して直接、尋ねました。

そしたら自分の顔を殴り、

「飲みにいかねーよ」

「俺は一生、孤独なんだ」

と、泣いて大声出して、地団駄を踏み、

近くにあったミネラルウォーターの段ボール箱を叩き、

ものすごい顔で私は睨み付けられました。

たぶん殺人する時の顔は、殺される時に見る最後は

こういう映像になるんだろうと思いました。

 

私が聞いたのは、

「どこで飲むの?」

「何人来るの?」

「誘われたの?誘ったの?」

 

いつ、どこで、だれは家族が何をするのか、

当たり前のように自分も家族も話しています。

家族がどこにいるのか、誰といるのか、何してるのか、

万が一の時に知らなかったら探しようがありません。

 

まして唯一の信頼を裏切ってるのに、信用がないのだから、

自分の居場所や行動を連絡するのは責任ですが、

旦那は裏切った自覚がないから怒ります。

干渉されることが嫌ならば、信頼信用を保つことです。

 

何を言っても聞いても、ただただ怒ります。

 

以前、友達との交流は疎遠になったと旦那は言ってました。

私もしかりで結婚や出産、育児など環境や立場が変われば、

優先順位もやらなくてはいけないこともあるので、

独身時代のように自分の時間などありません。

 

休日に家族サービスすることは旦那だけではありません。

必ず私も一緒に家族で出かけています。

子どもを旦那に預けることもしないし、出来なかったです。

 

時々、パパ一人で子どもを連れてショッピングモールや、

アミューズメント施設に来ている家族連れを見ると、

私からすれば旦那が思っている当たり前と逆の当たり前に感じます。

子どもがいれば、なんでもお互いさまだと思います。

 

でも、旦那は隣の芝生は青く見えるようで、

休日にお父さんだけでゴルフや釣り、

飲みに出かけることが当たり前のようです。

 

いずれ子どもは親から離れる。

女の子なら特にパパ離れは限りなく近い将来だと思います。

一緒にいたくても子どもから嫌がると思います。

それからでも自分の時間は遅くないと思います。

 

交流が途絶えた友人と飲みに行くと聞いて、

「よかったね」と思ってそれを伝えても、

旦那には私の言ってることがわからないそうです。

 

私も旦那のささいなことが気になります。

このところ家を出る時間が少し遅くなりました。

 

誰かと待ち合わせしてるんじゃないか、

コストコの話は一体誰としたんだろうか、

理由がわからなくて悪い妄想ばかりが浮かびます。

 

本当は存在もしていないかもしれない女の影がちらつき、

もしかして?と不安になってしまうのです。

 

 なんでも怒る旦那、なんでも不安になる私、

どっちも異常なんだと思います。

 

こうなったのは相談女の影響があるのは紛れもない事実です。

だからといって人のせいにするわけではありません。

もちろん旦那と私、お互いの至らないところがありました。

でも、相談女のことがなかったら、ここまでこじれなかったと思います。

旦那と私、こんなに辛い思いをしなくてすんだと思います。

 

相談女は自分に関係ないと思ってるのでしょうか?

それなら違います。

 

相談女は相手を不幸にします。

相談女は相手を傷つけます。

相談女は相手を悲しませます。

相談女は相手を苦しませます。

 

私が不安になって苦しむことで、

旦那は楽しい飲みになるのかもしれません。