ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女の反応

2015年11月に旦那から相談女へ私の状況を伝えてもらいました。

 

「体調はどう?Kさんの場合、どんな症状が出てるの?

 検査しても異常が見つからないと、自律神経失調症

 診断されることが多いらしいね。

 本来の重大な病気を見逃すこともあるそうだから気を付けないとね。

  -本当に辛いし、気を付けます

 

 うちの奥さんは自分たちのしたことが原因で、

 心身ともにずっと不調なんだ。

 夏の入院以来、情緒不安定と頭痛、息切れがひどくて、

 微熱が長く続いて毎日、点滴に病院へ通った時期もあってね。

 奥さんの自律神経失調症は、回復の兆しがみられないんだ。

  -自分達の行為だと自覚がない

 

 精神が不安定な時にメールすると話したけど、

 こないだは午前中だけで65通も来たんだ。

  -もう頭おかしかった

 

 フラッシュバックを繰り返して、本人が一番つらいけど、

 見ているこっちも辛くなるほどなんだ。

   -旦那は別に辛くない

 

 心配した娘もママから片時も離れようとせず、

 子どもにもよくない影響が出てる。

  -ママ好きって一日に何十回も言ってくれた

 

 課長との面談でも、家族の状況を伝えたんだ。

  -家庭と家族が異常事態

 

 奥さん曰く、ストレスの根本的な原因を取り除かない限り、

 この状態は変わらないだろうし、それが出来ないから、

 耐えがたい苦しみだと嘆いている姿はいたたまれなくなるよ。」

  -旦那は別にいたたまれなくない

 

以上、旦那が思いつくわけもないし、思っているわけでもなく、

私が考えた文章を相談女へ話してもらいました。

 

ほぼ話せたと旦那から返信があったので、だいたいは言えたようです。

相談女の反応は、私が夏から苦しみ続けていることに対して、

「こんなに長い間苦しまれてるのですか?」

何が原因か想像つくでしょ?の問いかけに対しては、

「はい」と一言だったそうです。

 ー他人事のようです

 

旦那に話して相談女はどう思ってると思う?と聞いたら、

相談女は罪の意識は感じてないと思う。

多少の責任は感じてるかもしれないけど。

だそうです。

 ー十分、痛感してほしい

 

2015年10月にF課長との面談で旦那と相談女が私的メールをしたこと、

それによって私が病んでしまってること、子どもによくない影響が出てること、

同じプロジェクトチームにいる限り、私の回復は望めないこと、

異動ないしは担当を外れることを希望したいと話してもらいました。

 

旦那は相談女とのメール発覚直後はプロジェクトチームの担当を、

外れることは私に対してわだかまりが残ると渋っていました。

 

F課長からは、

「わかった考慮する、異動はちょっと難しいけど、

 違うプロジェクトにするのはできそう」という反応でした。

ただ、

「違うプロジェクトにするのが今のプロジェクトが終わってすぐかは、

 ちょっと考えないといけない」との返答でした。

 

F課長にご迷惑をかけてしまいましたが、大変ありがたい言葉でした。

会社と上司にも迷惑をかけたのは旦那と相談女が原因です。

でも本人達は自分のせいと認識してないのでしょう。

勝手に傷ついて病んだ私のせいだと思ってるのでしょう。

病む原因は誰が何をしたかの部分がまるで抜けてしまっているのです。