ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

斟酌がわからない相談女

旦那が相談女と私的メールを楽しんでいたことを知って、

私は深い悲しみと苦しみ、不安のなかで毎日を過ごしました。

旦那だけでこのままでは終わらないかもしれないと思いました。

 

2015年9月17日に旦那から相談女に自分達の行動のせいで、

私が傷つき苦しんでる気持ちと状況を伝えてもらいました。

旦那は相談女を会議室に呼んで、私が言った通りに話をしたそうです。

 

「夫婦仲が悪かったところに、会社の後輩から娘へ入学祝と旅行土産をもらい、

ありがたいことだが、親しくない相手からで、不自然さと違和感を感じる。

お礼を用意したが、相手が女性と認めず、相手の名前も言われず、不審に思う。

そこに浮ついた行動(散髪、スーツ新調、筋トレ)と、

楽しそうに休日出勤する姿が重なり、不倫を疑って思い悩み、

体調を崩して入院をする。

退院後に話し合いをして、不倫の事実はないと判明するが、

携帯を見せてもらったところ、Kさんとのメールのやりとりが発覚する。

仕事以外にメールしてないという嘘と隠し事、メールを楽しんでたと告白され、

信頼を裏切られて深く傷つき、悲しみと苦しみを抱えている。

情緒不安定で動悸、息切れ、手の震えが時々出て、精神的に病んでしまっている。

話し合いのなか、苦しんでいる妻に寄り添う気持ちがないと言ったのに、

虹を見て同じ気持ちを共有したいとKさんにメールした行為、

それこそが心の裏切りであり、絶望を感じている。」

 

marono-oshiri.hatenablog.com

  

それに対して相談女から返ってきた言葉は、

「ウチの家庭に迷惑かけてすみません」、たった一言です。

 

旦那と相談女が私的メールしてるのは嫌なこと、

私が悲しみ苦しみ、傷ついてること、

ちゃんと伝わらなかったのでしょうか。

 

相談女からグアム土産のお返しに添えたカードについて、

「奥さんにはありがたくないことだったということは、

何となく気づいていた」と言ったそうです。

気づいたら控えるのが常識と配慮だと思いますが、

相談女に通じるわけありませんでした。

気づいたうえですぐに2回目の相談するのが確信犯だと思います。

ー私が嫌がってるのわかってる 

 

marono-oshiri.hatenablog.com

 

私はその時にこみあげる感情を抑え、私の言葉として伝えてもらいました。

「うちの主人がお手を煩わせました。

家庭と家族へ斟酌(しんしゃく)してもらえると、ありがたいです。」

 

斟酌とは

相手の事情や心情をくみとること。また、くみとって手加減すること。「採点に斟酌を加える」「若年であることを斟酌して責任は問わない」
あれこれ照らし合わせて取捨すること。

 「市場の状況を斟酌して生産高を決める」
言動を控えめにすること。遠慮すること。「斟酌のない批評」

引用元:

斟酌(シンシャク)とは - コトバンク

 

斟酌の意味を相談女はわからなかったようですが、

私は相手の事情や心情をくみとること

遠慮することという意味で用いました。

 

私が嫌がっていることを知りながら、その気持ちを無視して、

身勝手な振る舞いを遠慮してほしいと伝えたかったのです。

正しい意味合いは通じてなかったと思いますが、

「わかりました」と相談女は言ったそうです。

 

今思うとこんなやんわりした言い方じゃなく、

どストレートに「迷惑だから二度と関わるな!」とでも、

言えばよかったのかもしれません。

 

おでこが床につくほどのことを旦那と相談女は私にしました。

本人達はそれほどの自覚も罪悪感もないのでしょう。

旦那は「たかがメール」と言いましたが、相談女も同じ程度かもしれません。

それぐらいのことで傷つくなんてと、私は侮辱されているのでしょうか。

自分の行いによって傷つく人間がいると、想像力を働かせたらどうでしょう。

 

私は旦那と相談女が不倫、浮気をしてる疑いを持った日から、

思い悩み体調を崩し、私的メールをしてると知った日から、

悲しみ苦しみ、心に傷を抱えました。私は壊れました。

一言で言うなら心が死んだのです。

 

浮気、不倫された側なら、または共感することの出来る人間であれば、

心が死ぬ意味やその痛み、苦しみ、つらさがわかると思います。

旦那と相談女に私の痛みはきっとわからないと思います。

同じ痛みか別の形でも痛みを知れば、理解されることもあるのでしょうか。

そうならば、少しは溜飲が下がります。

信じてるものに裏切られ、思い出したくないのにフラッシュバック、

トラウマで常に不安を抱えて、悲しみと苦しみが襲ってくる。

 

旦那と相談女は私を傷つけたのは紛れもない事実と真実です。

私を通して娘を不安にさせ傷つけたのは酷くて罪深いことです。

今までもこれからも心からの謝罪と反省と償いはないでしょう。

 

相談女は自己中心、あざとい厄介で迷惑なのが特徴です。