ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女の素性

2015年9月2日にあらためて、相談女とのことを聞きました。

『K』はどんな人間であるのか。

 

自宅マンションを所有し、近くに実家がある。

犬を飼っている。

独身29歳(当時)。

彼氏はいないらしい。

自家用車を所有し、車が好き。

コストコが好き。

ヤクルトスワローズが好き。

きなこが好き。

仕事が好き。

これを聞いても人物像は見えてきませんでしたが、

話が合う、気が合う、自分と似ていると旦那は言ってました。

 ーこの期に及んで言える神経

 

たぶん、それは相談女が旦那に調子を合わせて、

同調することが多かったから、旦那の勘違いといってもよいでしょう。

旦那は薄々は気づいてたようで、本当は嫌われてるかもと言ってました。

 

相談女は旦那の先輩でもあるMさんと周りから見れば、

とても仲がよく見えたそうですが、同僚からそう指摘された時に、

実は「Mさんのことが苦手」と旦那や他の人の前で言っていたそうです。

自分も同じように「Kさん(旦那)のことが苦手」と、

陰では裏では言われているのかもしれないと思ってたそうです。

相談女は自分のことを『八方美人』と言っていたそうです。

 

この時点で旦那は相談女という言葉もなんであるか知らなかったと思います。

『K』が相談女であるという認識もなかったし、

自分が相談女に引っ掛かったという実感もなかったと思います。

旦那に相談女がどういう生き物か調べるように言いました。

 

marono-oshiri.hatenablog.com

 

余談になりますが旦那は同期のTさんという女性と隔週に一度程度で、

ランチに誘われて一緒に食事をしていたことも聞きました。

それも私にとっては意外で驚きました。 

旦那は私の知らないところで何をしているのか本当にわかりません。

外面のいい旦那は重宝がられていたのかもしれません。

仕事や外面を優先するばかりに家庭と家族がおろそかになったこと、

旦那はそう感じてないだろうし、

むしろ家庭と家族に尽くしてると思ってるでしょう。

他人の相談や話を聞く時間と度量があるならば、

家庭や家族と向き合ってもらいたかったです。

 

Tさんは私たちの結婚式の二次会にも来てくれていました。

産休明けに旦那がいる部署に異動になったことで、

仕事と家庭の話ができる共通点があり、話しやすかったようです。

Tさんと旦那の間に不審な点はなさそうでしたし、

常識と配慮のある人のようだと思いました。

旦那はこの女性とも性欲を掻き立てる欲望を満たす妄想したそうです。

 ー誰でもいいのでしょうか

 

のちにTさんに相談女とのことで私が苦しんでることを話し、

それ以降ランチは控えてもらうようになりました。

 

旦那は再構築をすることに同意しましたが、

意思に差のある私たちはぶつかることが大きかったです。

旦那と相談女が私的メールをしたことが私の悲しみ苦しみとなり、

唯一の信頼を裏切られた傷が癒えず、

再構築の最大の障害となりました。

私の悲しみが怒りに変わった頃、傷ついた私に対し、

旦那は「寄り添う気持ちがない」と言い放ったのです。

これは傷口に塩を塗るようなものでした。

 

もともと不仲になった原因は私たち夫婦にありますが、

旦那が私を「殺したい」と言いだすほど関係が悪化し、

家族を不安にさせているのは相談女がした行動が一因なのは確実です。

一つの家庭を家族を崩壊させることを相談女はしたのです。

 

娘は私の不安を感じ取り、私から片時も離れなくなりました。

赤ちゃん返りをしたかのようにトイレに行く時も、

2階に上がる時も私にずっとくっついてきます。

娘を不安にさせ傷つけたこ

これがどんなに酷いことか。

 

相談女が近づいてきても関わらなければよかったのに、

家族のことを顧みなかった旦那は愚かで無情です。