ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

緊急入院

翌朝土曜の2015年7月25日、左半面の顔が腫れあがり、

左耳の痛みと熱が下がらない私は耳鼻科に行こうと思いました。

 

フラフラの私を見ながらも、旦那は自分から

「病院へ連れていこう」とは言わなかったと思います。

同居してる私の母に促され、しぶしぶ車を出してくれました。

 

土曜の耳鼻科は結構な混雑で、椅子に座っているのがつらい私は、

車の中で横になりながら順番を待つことにしました。

 

7月の真夏の暑い車内のはずなのに、私は寒気がして冷房を切り、

冬物のジャケットを羽織っても寒くて震えるぐらいでした。

1時間以上待って、ようやく私の順番が来ました。

呼吸をしてるのがやっとな状態でしたが、

旦那は手を貸すことを自分からしなかったと思います。

駐車場から耳鼻科までの距離がとても遠く感じました。

 

診察の結果、丹毒という病気の疑いがあり、

処置が遅れると重篤になる可能性があるので、

大学病院を紹介すると言われました。

 

その足で近くの大学病院に行き、診察を待ちました。

体がしんどいだけに待ち時間がとても長く感じました。

この時すでに40度近い高熱が出て、意識朦朧で車いすを借りました。

診察の結果、『顔面丹毒』という病気でこのまま即入院と言われました。

 

丹毒は免疫力が低下してる時に起こりやすく、

私は食事も食べられない状態が続き、風邪症状もあったので、

丹毒を発症したのだと思います。

原因は旦那の不倫疑惑で思い悩んだこと。

まだこの時は後輩が相談女で、私的メールをしてることは知りません。

 

引用元:health.goo.ne.jp

 

娘が夏休みに入ったばっかりで入院することを迷いましたが、

どうにもこのままでは体がもたないと入院することにしました。

 

f:id:marono_oshiri:20171211125942j:plain

 

(画像一部加工してますが顔面が赤く腫れました)