ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女から2回目の相談

嬉しそうに出勤していった休日出勤の日、お礼の品にカードを同封しました。

旦那はそれを知らないまま渡してもらいました。

「娘にありがとうございました。今後はお気遣いなさいませんように」と、

私の精一杯の嫌悪感と必死の抵抗感を示しました。

震える手で何度も書き直しました。

 

これが相談女に火をつけたのか、逆に仕事上の関係を取り繕うとしたのか、

2015年7月23日の帰りがけにまた相談をされたそうです。

 ー計画的でしょうか

 

内容は相談女が同じプロジェクトチームで指導している後輩女性Kさんから、

人づてに自分が苦手だと言われていると聞いて、

どう接したらいいかという相談だったそうです。

まだ仕事の相談だから、マシなんでしょうか。

 ー女性陣から苦手にされる理由がわかる

 

職場で一通りアドバイスをして帰ろうとしたそうですが、

話し足りない、物足りない様子で旦那から飲みに誘ったそうです。

豊洲オフィスビルの1階にある蕎麦屋に行ったそうです。

もちろん二人きりです。

 ーどっちもこれが目的の下心あり

 

誘われるように仕向けた素振り、あざといのが相談女の特徴です。

まんまと策略に引っ掛かっかり、誘った旦那はとても軽率だと思います。

 ー旦那はある意味、真面目で正直なんでしょうか

 

なぜ誘ったのか、旦那の弁明によると、酒の席は話しやすいそうです。

大事な相談なら真剣に話したり、聞いてもらいたいから、

酒は邪魔にもなると思いますけど、旦那の見解は違うらしいです。

 

この日も私は体調が悪く、熱で苦しんでいました。

 ーそんな時に何してるのでしょう