ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女とガサボロ

私の両手の平はガサガサ、ボロボロです。

まるで私の心と同じように痛んで傷んでいます。

主婦湿疹と呼ばれる洗剤、水荒れだと思いますが、

皮膚科の薬を塗っても治りません。

家事は毎日のことだから、手を休めることは出来ません。

真面目に必死に頑張って生活してるのに、

旦那は相談女由KRと私的メールして、

傷つけられても謝罪と償いがないという仕打ち。

本当に理不尽で許せないものです。

だから私はとても強くなりました。

血を吐いてでも闘い続け、追い続けます。

罪の責任を果たさない限り、私から逃れることは出来ません。

このガサガサ、ボロボロの手が、私の努力と念の証です。

私の手がツルツル、ピカピカになることはないでしょうが、

悪意を持った人非人を懲らしめる為に手が汚れてしまうでしょう。

相談女と着々

確実に決まったことではありませんが、

おそらく原発性アルドステロン症の疑いで、

検査入院はすることになるでしょう。

なぜなら疑いがあるからこそ、検査をしないといけないわけです。


日程がいつになるかわかりませんが、

今から着々と入院の準備を始めています。

入院が始めてではないので必要なものや、

あった方がよいものはなんとなく頭にあります。


意外に持ってないのが、前開きのパジャマです。

普段はユニクロか量販店で買った部屋着、

それが私のパジャマなので、たいてい前開きのデザインはありません。

私自身がボタンがついたものを好まないというのもあって皆無でした。

検査入院はあまり出番はないかもしれませんが、

手術となったら前開きの方が便利です。

それからパジャマのズボンはロング丈がよいです。

足のムダ毛隠しになります。

術後すぐにお風呂に入れないし、ムダ毛を気にするのも面倒です。

それからパジャマの下にブラはきついし、

かといってノーブラも抵抗があるので、

カップ付インナーを揃えようと思っています。

時期的に今はたくさん売ってるので、選択肢があって助かります。


原発性アルドステロン症で検査入院、

手術をした方のブログをいくつか拝見しました。

検査入院ではサンプリング検査と呼ばれる、

いわゆるカテーテル検査はかなり負担が大きいようです。

ただし、手術をする副腎左右どちらか特定をする為に重要な検査です。

検査時間も長く、その間は動けないし、

検査後も止血の為に動けない時間があるそうです。

相当、腰や体が痛くなるみたいです。


なぜ私だけがこんなに苦しむのでしょうか。

世の中は理不尽で成立してるといって過言ではありませんが、

本当に理不尽極まりないと思います。

私の悲しみ苦しみ、痛みは大きな力となって、

旦那と相談女由KRに絡みついて、離れることはないでしょう。


旦那と相談女由KRは身勝手な欲求で思いやりのない行為をして、

謝罪と償いもないまま制裁も処罰も受けているわけではありません。

恥を知れ、痛みを知れと強く思います。

私は旦那と相談由KRのような人非人を許しません。

世間は無関係だからとせいぜい白い目で見て、

嘲笑してもらえばありがたいでしょうか。

もっと言えば陰口で噂話でも流してくれたら、

色んな立場の人の目に耳に触れることでしょう。


私に共感、同情して味方になるような同志は出会えないでしょう。

助けを求めても無視されるのが関の山です。

でも、助けを求めた証拠は残っているので、

社会人として不適切な関係と行為を犯した者を棚上げにして、

困っている家族を無視をしたことが問題になるのは、

今の時代なら簡単に誰の元にも届くことでしょう。


私は知る術がないのでしょうが、

旦那と相談女由KRは家族を家庭を壊したのですから、

必ず因果応報が起きるでしょう。

それはきっと悲惨で酷いことが本人自身に降りかかるでしょう。

自業自得だから仕方ありません。


手術をすることが決まれば、万が一に備えて、

この遺書も整理してきちんと事実を明確にし、

娘が困らないように残したいと思います。


相談女由KRがしらばっくれて雲隠れしても、

必ず突き止めて逃げ道を塞ぎます。

逃げる者は追いかけられるのです。

相談女と相談

相談という言葉は本当に便利だと思います。

相談があるからとお泊まり不倫疑惑?のおじいちゃん元アナ、

お盛んすぎて気持ち悪い話です。

相談があれば別居中(離婚前提ではない)の妻がいるのに、

シングルマザー宅に宿泊は自分勝手なご都合主義

まだ小学生のお子さんがいる家に例え別の部屋だとしても、

親族でもないよそのおじいちゃんが寝てるのは怖いだろうと思います。

もしかしたらそれ以上に怖いことが行われてのかもしれません。

いや、目撃しなくともトラウマになります。

腕を組んでる、手を添えてる写真も撮られたみたいだし、

言い逃れは不様で恥ずかしい行為です。

おじいちゃん元アナもお相手のモデル?さんも、

家族の気持ちを完全無視なのがいい歳して痛いです。

奥さんにしろ、子供にしろ、嫌悪感と信頼を裏切られて、

一生の傷になることを痛感してもらいたいです。


相談を口実にして二人きりで会うことを、

正当化しようとするのは小賢しい真似です。

相談があるという人に気をつけてと注意喚起を促すと、

逆に促した人が悪く言われて、人でなし扱いをされます。

本当に困った相談なら、素人じゃ解決しません。

専門機関や公的窓口に行くべき事案なのです。

話を聞いてもらいたというのであれば、

最低限の配慮と社会人としての常識をわきまえましょう。

相談する行為が誰かの不安と悲しみにつながるならば、

控えるべきだし、それは相談する相手が違うということです。

相談だからいいじゃないかという思考は、

横暴かつ身勝手であることに気づいてください。

それは相談というものは健全なものではなくてはなりません。

相談を恋愛テクニックに使うのは結構ですが、

それはフリーのターゲットだけに限ってください。

相談という、まやかしで魂胆と悪意は誤魔化しれません。

はっきり言ってしまえば、性悪さがダダ漏れです。

見えないのは本人のみで、はたから見れば愚かな光景です。


相談を口実にしてきた人が相手に興味がなくなったり、

目的が果たされたり、面倒になったり、

自分の立場が悪くなることがあれば、

そんなつもりはなかったとしらばっくれます。

事実、相談女由KRは謝罪と償いなしで雲隠れをしてます。


相談女由KRに直接、会ったことも話したこともありませんが、

どんな人間性の持ち主か想像はある程度つきます。

心ある人ならば、謝罪と償いをします。

誰か人を傷つけて知らんぷりする、

私は悪くないとトンズラする人間です。


私が入院、手術となるかはわかりませんが、

万が一に備えて、きちんと責任を取らせた方がいいのかもしれません。

だって死人に口なしですから、ここに残していきます。


旦那と相談女由KR自ら、責任を果たす意思は無いのでしょう。

自ら頭を下げる覚悟も度胸もないのならば、

生きる資格はなしと思います。

相談女はパワフル戦車

相談女の新しい記事を見つけました。

 

「相談相手の彼女の気持ちを考えずに幸せをぶち壊す、

 人の気持ちを考えない、か弱いとは正反対のパワフル戦車」
引用元:fukuennya.com

 

これは相談女を表す名言だと思ったのですが、

「相談相手の彼女の気持ちを考えずに幸せをぶち壊す、

人の気持ちを考えない、か弱いと正反対のパワフル戦車」

まさにその通りです。

相談女由KRもその一人で間違いありません。

 

※相談女の記事まとめはこちらも参考にしてください。


marono-oshiri.hatenablog.com

相談女は根絶

相談女は根絶してほしいものですが、

無駄に強い生命力を持っています。

そんなもの不要だから他に回してくれと思います。

もっと世の中の平和の為に使ってほしいです。

生きるべき命、相談女に無用です。

 

相談女の新しい記事を見つけました。

 

相談女とは、「男性に相談を持ちかける」という口実で接近して、

狙った相手の心を徐々につかんでいく計算高い女性のことを指します。

相談女に注意すべきことは、たとえ友達の好きな人や彼氏、

夫であろうと関係なしに手を出してくるところです。

その相談女の行動次第では、最終的に彼氏と破局したり、

もしくは夫婦関係にヒビが入って離婚したりする

危険性も十分にあり得ます。
引用元:happymail.co.jp 

 

本当に相談女な迷惑以外に他の何ものでもありません。

滅亡してよろし、絶滅根絶対象です。

 

相談女とは彼女もちの男性や既婚男性に

「相談したい事があって」と持ちかけて近づいてくる

計算高い泥棒猫の事。

末長らく良好な関係を築くために、

不穏な人とは距離を取っておくのが良いと思います。
引用元:koitopi.net

 

一刀両断、泥棒猫。

距離を取るぐらいじゃ生ぬるい、距離を断つ、すっぱり切りましょう。

 

私と家族は旦那と相談女由KRの被害者です。

たかがメール位でと旦那と相談女由KRに同情するのは間違いです。

されどメール位で傷つく人間がここにいますから、

加害者の味方するのは筋違いです。

そんなことを言ったり、思ったりするのは同じ穴の狢、

おそらく浮気不倫進行中の同志かもしれません。

そう、必ず傷つく人間がいること、忘れないでください。

一度ついた傷は永遠に治りません。

一度失った信頼は二度と戻りません。

一度ついた不名誉は二度と消えません。

それでも浮気不倫しますか?

他所の家庭を家族を壊しますか?

それで楽しいですか?

それで幸せですか?


※相談女の記事まとめはこちらも参考にしてください。

 

marono-oshiri.hatenablog.com

相談女と心配

まだ総合病院の診察を受けてもいないのですが、

おそらく原発性アルドステロン症の説明の後は、

検査入院の流れになるのではないでしょうか。


採血が特別苦手ではありませんが、

検査入院の中で何時間かに分けて、

相当な回数で採血されるようです。

点滴もあるらしいので腕が注射痕だらけで、

ちょっと危険な人に思われるかもしれません。


原発性アルドステロン症の方のブログを拝見しましたが、

検査入院だけでもなかなかしんどいそうです。

私の精神状態が持つかと不安です。

大部屋で人の声や気配とか、お互い様ですが、

とても気になる神経質なタイプなので、

それだけでまいってしまいそうです。

だからといって個室にする余裕はないので、

耳栓とイヤホンと退屈しのぎのアイテムを揃えておこうと思います。


もれなく疑いが晴れるのか、疾患確定になるのか、

検査入院はまず避けられないでしょう。

その結果、副腎摘出手術となるか、薬による治療になるか、

方針が決まるようです。


手術が有効となるとカテーテル検査をするらしいのですが、

聞いただけでも恐ろしやです。

局部麻酔のようだし、全身麻酔も怖いのですが、

意識があって声が聞こえて、半分は状況がわかるのも、

それはそれで色んなこと想像してしまい、

怖くなってしまうのです。

ちなみに病弱な私は局部麻酔も全身麻酔も経験有りです。

全身麻酔は覚めた後の吐き気が嫌です。


前回、旦那の不倫を疑い、体調を崩して、

顔面丹毒で入院してから4年、

また入院するとは困りました。

結果、旦那と相談女由KRの不倫の証拠はありませんが、

社会的に歓迎されない不適切な関係であり、

私的メールという家族を貶める行為をしてました。

健全な上司と部下、先輩と後輩の間柄とは言えません。

家族に隠して家族を傷つける行為をしたのですから、

仲が良いだの気が合うだの、言い訳めいた釈明はより無様です。

仲が良いなら、家族も喜びます。

決してそうではないので、本人達だけの言い逃れ、

自分は悪くないとコミュニケーション言葉を、

盾に振りかざしてもらいたくないです。


私の入院で娘はさぞかし不安だったと思います。

今回は検査入院と検査結果次第で手術入院と、

2回も入院することになり、日数もそれぞれ7〜10日間はかかる見込みです。

合計20日間前後の入院になりそうです。

旦那に休暇を取得してもらい、娘の世話と、

私の世話も動いてもらわなければなりません。


娘一人で自分のことが出来るわけではないしし、

宿題から時間割から塾のこと、声がけして確認しないとなりません。

学校へ提出する書類や、毎週持っていく学習セット、

塾に行く前の軽食やら送りやら、迎えやら、

丸ごと全部、娘のお世話を私の代理として、

完璧に遂行してもらわないと、

誰が困るって娘が困るのです。


会社で仕事の代わりはいくらでもいるでしょうし、

代わりになる人がいない職場ならありえないので、

休暇取得してもらわないと家庭生活と入院生活に支障が出ます。


原発性アルドステロン症は放置すれば、

単なる高血圧よりも心肥大、脳卒中のリスクがはるかに高まるのです。


旦那が仕事の都合で休暇取得出来ないから、

手術治療を諦めたとなれば、いずれ命に関わる疾患の責任を、

会社が取れるわけないでしょう。

快く休暇取得に承諾よろしくお願いします。


家族が入院するのに休めない職場なら、

ブラックと呼ばれるところなのでしょう。

世に言うホワイト企業との評判らしいので、

全く問題ないと思いますが、不安と心配が山積みで困りました。

私は私の心配より、私不在で娘の不安が心配です。


相談女由KRは他人を苦しませ、悲しませ、

傷つけて病に陥れる、とっても厄介な人物であることを断言します。

相談女由KRは満足しましたか?

私の苦痛と娘の涙は相談女由KRに業の報いとなります。

おめでとうございます。


相談女と難病

甲状腺の検査をしてもらったクリニックで、

ずっと血圧が高いのでホルモン値の検査もしてもらいました。

今日、結果を聞きに行きました。


ホルモン値が正常範囲を超えて、

以前は難病指定になってた、

原発性アルドステロン症の疑いがあるそうです。

副腎で作られるホルモンが過剰になりすぎて、

血圧などが高くなってしまう疾患です。

これは運命なのだと思いますが、

愛犬は副腎の病気で治療薬の副作用で亡くなりました。


近隣の総合病院を紹介してもらい、

来月診察に行ってきます。

ネットでざっくり調べたところ、

確定診断するのに検査入院が必要で5〜7日間、

入院費は7〜14万位はかかるらしいです。

検査だけでもなかなか高額、

絶食して負荷検査があるらしいです。

血液検査が必須なのでバンバン採血されるようです。

さらに副腎に腫瘍があった場合は摘出手術となる見込みです。


旦那と相談女由KRが犯した身勝手な行為は、

こうして人を病にさせるのです。

関係ないとしらをきっても、タイミングが一致してます。

旦那と相談女由KRが私的メールをする以前、

私はこれほど不調や不健康に悩まされることはありませんでした。

明らかに過大なストレスがかかったことが原因でしょう。


私だけではなく娘へのストレスも相当なものです。


旦那と相談女由KRは人生かけて、

きちんと責任を取りなさい。


そんなわけで心も体も病に侵された相談女の被害者です。


今日の診療費は¥1800です。