ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女と家族

夜中の3時過ぎ、4時前ぐらいに必ず一度は目が覚めます。

ちょうどその時間に愛犬が息を引き取りました。

愛犬が呼んでるのかな、苦しかったよねと私は起きます。

愛犬の死に涙する毎日が続いてます。

 

そんな中で旦那は先週の飲み会に行きました。

どれだけ私が四十九日まで喪に服し、飲酒は控えてもらいたいと伝えてもです。

また明日も飲み会です。また飯田橋だそうです。

 

娘が学校から手紙を持ち帰りました。

学校の空き時間に書いてくれたそうです。

 

f:id:marono_oshiri:20171211123540j:plain

 

娘の気持ちが嬉しくて思わず泣いてしまいました。

つられてというか普段、我慢してるのでしょう、娘も一緒に泣きました。

私たちが泣くと娘も泣いてしまうので、娘の前では泣かないと思っていても、

愛犬と娘を思って涙がこぼれてしまいました。

 

愛犬は娘に愛されてました。娘は愛犬に愛されてました。

私たち家族は愛犬を愛してました。

その気持ちがわからないという人間がいます。

 

旦那と相談女は人の気持ちがわからない人間です。

自分さえよければ人が傷つこうが悲しもうが苦しもうが関係ないのです。

だから謝罪も反省も償いもしないのです。

娘はきちんと心が育っています。

相手の気持ちを思いやる心を娘は持っています。

それに比べて恥ずかしい大人がいるのです。

 

旦那と相談女にも家族がいるでしょう。

きっと自分自身に返ってくるでしょう。

世の中に酷い人間がたくさんいると思いたくありませんが、

身近にいることはとても不幸なことです。

 

旦那か相談女が私を恨んだせいで愛犬が死んだのなら、

私はその何倍もの恨みで旦那と相談女を恨みます。

旦那と相談女の大切なものが奪われないとお互い様になりません。

 

 

 

広告を非表示にする

相談女と因果応報

今朝、旦那に今日の飲み会のことを聞きました。

行くとも行かないともはっきり言われてないので確認です。

 

私「飲み会行くの?」

旦那「うん(無言で頷く)」

私「何か言うことない?」

旦那「何を?」

私「こちらの気持ちに対して?」

旦那「ない。謝れっていうの?土下座しろと?」

私「じゃあ、すれば?」

旦那「しない」

私「自分に返ってくるからな」

旦那「ああ、楽しみにしてるよ」

以上、終了。

 

四十九日までは喪に服してもらうのが、

せめてもの死者への弔いであるので、

こちらの気持ちとして禁酒をお願いしてるのに、

家族の死に悲しんでる時に宴会、乾杯、飲酒は控えてもらいたいと、

何度も伝えていますが聞く耳を持ちません。

 

『気持ちに添えなくて悪いが立場上、参加しないといけない』と、

一言、断る言葉を言えない人間性がもう笑っちゃいます。

呆れるほど乏しい。

 

自分に返る。そう、因果応報です。

因果応報(いんがおうほう)

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。▽もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。現在では悪いほうに用いられることが多い。「因」は因縁の意で、原因のこと。「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

引用元:因果応報の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書 

神仏も悪魔もいなくても旦那と相談女に因果応報が起きるまで、

私の魂のある限り念じ続けます。

 

飯田橋のもつ鍋が食べられる店に行くようですから、

お暇な方と力のある方はどんな顔して飲んでるか、

冷やかしと説教に行ってあげてください。

よろしくお願いします。


広告を非表示にする

相談女と日常

愛犬が亡くなってから、愛犬がいない毎日が過ぎています。

愛犬がいないことが日常になっていくのが辛いです。

なぜ愛犬が死ななければいけなかったんだろう。

なぜ愛犬を死なせてしまったのだろう。

なぜ愛犬を助けられなかったのだろう。

なぜ愛犬を守れなかったのだろう。

ただただ生きてそばにいてほしかった、そばにいたかった。

 

四十九日まで飲酒を控えてもらいたいと旦那に言いましたが、

明日は飯田橋のもつ鍋が食べられる店に飲み会に行くようです。

 

行くとも行かないともはっきり言わず、

場所も時間も催促してやっと連絡してきました。

 

どうしても飲み会に行く理由はなんですか?

あるならきちんと言うべきだと思います。

 

家族の死の悲しみのなかで宴会は乾杯は勘弁してほしいです。

家族を失ってるのに酒を飲み、笑い、楽しむのはやめてほしいです。

自分が同じ立場になれば、少しはわかるのでしょうか。

旦那の家族が死んだら、同じ気持ちになるのでしょうか。

その時に嫌というほど思い知るがいいでしょう。

なんて哀れで心がないんだろう。

家族が家族じゃないのは残酷です。

 

旦那に飲み会に行っても酒を飲まない、乾杯しない、笑わない、

楽しまない、そう言いましたが約束は守らないでしょう。

そもそも旦那はそんな約束してない、私が勝手に言ってるだけと思ってるでしょう。

私の知らない見えないところで何してるかわかりません。

私に隠れて嘘ついて旦那は相談女と私的メールした前科があります。

私に嘘ついてパソコン隠してた前科があります。

だから信用できないです。

他にもたぶん、あるのでしょう。

 

涙してるなかで宴なんて冗談じゃない。

家族ではない、期待するなと言われた愛犬が報われない。

愛犬は旦那を家族として受け入れたのに恥ずかしくないんだろうか。

旦那は愛犬に向けた自分の言葉に責任も罪悪感も後悔も感じないのでしょう。

 

そんな人間はきっと不幸がふりかかるでしょう。

旦那と相談女がそうであるように、私は必ずやと思っています。

 

誰かを傷つけたら今度は自分が傷つく番なのは当然でしょう。

でも絶対に家族を巻き込むな。

 

広告を非表示にする

相談女と費用

愛犬が亡くなった動物医療センターから請求書が届きました。

実費(保険外)なので人間より高いことはもちろんですが、

最期に受けた治療の静脈点滴は意外に費用が低価格で、

最初から医療センターで静脈点滴をしてもらっていれば、

命が助かったかもしれない、愛犬は生きていたかもしれない。

 

命に値段はありませんが、かかりつけの動物病院で受けた皮下点滴は、

医療センターの静脈点滴よりも高額でした。

愛犬の命を救うための治療だったはずなのに効果がないものでした。

もしかしたらその治療が愛犬の命を奪ってしまったかもしれない。

なんだかやるせない気持ちになりました。

 

どうして具合が悪くなった時、動物医療センターに連れていかなかったのか。

どうしても車が必要になるから、

旦那に頼らない方法と頭が働いてしまったと思います。

かかりつけの動物病院と医師を信じ、

愛犬が苦しんでいるのに助けられなかったのか。

あの日、あの時に賢明な判断をすべきだった瞬間が幾つもあります。

私は信じて疑わず旦那に裏切られたのに、

医師を信じて疑わずに裏切られた思いです。

 

私が私さえ正常な思考と健康な肉体であれば、

愛犬を失うことはなかったかもしれません。

私を悲しませ、苦しませ、傷つけて心身ともに私を追い詰めた、

旦那と相談女を心底恨みます。

恨んだところで旦那と相談女は痛くも痒くもないのだから、

恨まれたとしても本人達は関係ないと思います。

恨んで呪っても何も起こらないのだから、

せいぜい嘲笑されて孤独になればいいでしょう。

神仏も悪魔もいないのだから、誰も何も旦那と相談女を罰しない。

私一人ぐらい憎んでも力はない。

 

私はどんなに笑われても気味悪がられてもいい。

愛するものを失えば狂う、愛するものを守る為に鬼になる、

愛するから当たり前です。

広告を非表示にする

相談女と罪悪感

治療を始めて3週間で愛犬は亡くなりました。

明らかに過程のなかで治療ミス、医療ミスがあったと思います。

正しい治療を受けていれば、愛犬の命が奪われることはなかった。

その責任や追及を獣医師と医療機関に求めようとは思っていません。

信じて疑わないことが、取り返しのつかない、

深い悲しみになるとは、なんて矛盾してるんだろう。

ただただ愛犬に生きていてほしかった。

病気を治そうと治療したのに死なせてしまったことが悔しいのです。

 

食べることが大好きだった愛犬は投薬をしてから食欲がなくなりました。

日に日に食べる量が減り、水がやっと飲めるか、最後は飲めなくなりました。

お腹もすいてただろうし、副作用で気持ち悪くて、

苦しかっただろうし、痛かっただろうと思います。

 

今、私はお腹も減るし、食事もしています。

でも、味はおいしいのに食事をすることに罪悪感を感じます。

愛犬は食べられなかったのに私が食べる自分を許せません。

 

愛犬は食べたかっただろうし、食べさせてあげたかった。

いくら仏前に供えても、食べさせてあげることが出来ない。

今日もチーズケーキを焼きました。

もちろんお供えしました。

食べさせてはいけない食べ物だけど、愛犬に食べさせてあげたかったです。

 

相談女が生霊払いをして愛犬が犠牲になったのでしょうか。

私たち家族を守ろうと愛犬は身代わりになってくれたのでしょうか。

 

今年、大厄の旦那は厄払いもせず、厄の災いに巻き込まれ、

愛犬が犠牲になったのでしょうか。

 

愛犬は命を奪われるような悪事は何もしてません。

だから、そんな風に思えてきます。

 

悪事をした人間こそが命を奪われて当然なのに、

この不条理に理不尽さに腹が立ちます。

泣くと涙を流すと息苦しくて、胃と胸が痛くて泣くのが苦しくなります。

生きられた命、生きてほしかった命、喪失感で締め付けられます。

旦那と相談女は自分たちがした行為で、

私や家族が悲しみ、苦しみ、傷つけても、

罪悪感を感じないなんて、不実で酷悪な者に浴びせる言葉も見つかりません。

 

 

広告を非表示にする

相談女と思い出

どこを歩いても、どこにいても、愛犬が蘇る。

一緒に散歩した道、一緒に遊んだ公園。

なんでもない、当たり前の日常が幸せだった。

もう一度、散歩したかった。もう一度、旅行したかった。

何もしなくてもいい、ただただ生きていてほしかった。

愛犬が居ること、生きてること。

愛犬がいない現実がつらくてたまりません。

 

愛犬がいつも寝ていた場所、ベッド、毛布、なせそこに愛犬がいない。

愛犬の声、撫でた温もり、匂い。

触れたい、抱きしめたい。

でも愛犬は骨壺にいます。

骨壺を撫でる度に愛犬が死んだ事実が胸に突き刺さる。

姿、形が見えなくても心の中で愛犬はもちろん生きている。

それでもやっぱり会いたい。

 

なぜ、愛犬の命が失われなければ、奪われてしまったのか。

本当に悔やんでも悔やみきれず、悲しさに加えて後悔と自責の念でいっぱいです。

 

私さえ元気でいれば、頭と心が壊れていなければ、

適切な処置を受けさせる判断と決断ができたはずです。

 

旦那と相談女が私的メールをしなければ、それにつきるのです。

 

私が愛犬の誕生日を忘れるほど、おかしくなっていた10月。

旦那の嘘と隠し事はパソコンで離婚の準備のための書類作成だそうです。

後悔しないために作業をしてるそうです。

 

もう笑って呆れるしかありません。

確かに離婚の準備は大事なことかもしれないけど、

後悔しないためにやることすることは他にあるはずです。

本末転倒とはまさにこのことだと思います。

くだらない、くだらない。

 

命と気持ち以上に何が大切なのか。

愛犬の写真を見たくても、悲しくて見られません。

愛犬が生きていた日付のものを見るのがしんどいです。

 

私は私が許せません。もちろん旦那と相談女は許せません。

旦那と相談女は自分が許せない心情心境になったことも、なることもないでしょう。

自分が一番、自分さえよければいい。心のある人間なら心が痛みます。

心が痛まない人間だから厚顔無恥で生きていられるのでしょう。

きっと旦那と相談女の大切なもの、必ずや失い奪われるでしょう。

 

愛犬との楽しかった思い出が、悲しみが深くて余計につらいです。

愛犬と過ごした時間、記憶は決して忘れません。

広告を非表示にする

相談女と自責の念

愛犬に謝っても謝っても、私は自分が許せない。

愛犬が苦しんでたのに気づいてあげることが、助けてあげることが、

出来なかった自分が憎くてたまらない。

なぜ、あの時にあの日に他の病院や先生に診てもらおうと、

連れていこうと判断できなかったのか。

後悔、後悔、後悔。

 

愛犬はきっと私を恨んでもないし、許してくれるでしょう。

愛犬は優しく強い存在でした。

 

私は愛犬を家族ではない、愛犬のことは期待するなと言われて、

旦那に頼らないように気を遣っていました。

それがどこか頭にあって旦那に運転をお願いしなければならない病院が頭に浮かびませんでした。

タクシーを使えばいい、その通りです。

それすら気がつかなかったのです。

旦那に頼らず、車に頼らず、それを優先してしまった。

 

私の頭も心も壊れ、正常な思考と判断、決断ができなかったせいで、

愛犬の命を奪ってしまった、死なせてしまった。

かかりつけの病院の医師の治療を信じて疑わなかったことが、

そもそも間違いだったのに気が付けなかった。

 

私は旦那のことを信じて疑わずにいたら、

相談女と私的メールをして嘘をつかれ隠された。

私が悲しみ、苦しみ、傷ついても、寄り添う気持ちがないと言われ、

裏切られたと言えば意味不明と言われる始末。

 

もう何も誰も信じることはできないような気がします。

信じて裏切られ、失うことばかりです。

 

もし旦那と相談女が私的メールしてなかったら、

私が病むことはなかったので、愛犬が同じ病気を発症しても、

適切な処置が受けられるような判断と決断ができたと思います。

 

旦那と相談女はどれだけ家族を悲しませ、苦しませ、傷つけるのでしょう。

命まで奪ってしまうなんて非道です。

旦那と相談女が自責の念にかられることなんてないのでしょう。

旦那と相談女の行為、旦那と相談女がどんな人間か知ってほしいです。

広告を非表示にする