ー旦那が相談女に狙われた妻のブログー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書

相談女は糞

相談女は糞。

相談女に現を抜かして家族やパートナーを顧みない男も糞。

不倫浮気してる奴は糞中の糞。

糞は糞らしく下水に流れておしまい。

他人に迷惑かけるな、汚すな、きれいに掃除しろ。

 

相談女は何も傷つかず、何も悲しまず、何も苦しまず、

何も失わず、謝罪もなしに暮らしてるのはおかしい。

人を傷つけ、人を悲しませ、人を苦しませ、

人の人生を壊して失わせたら、せめて同等、

それ以上の罪と罰として、償いがあるべきだと思います。

 

世の中に神様も仏様もいない。

味方はいない、いるのは敵ばかり。

悲観的に絶望的になるばかりです。

死ねませんが死にたくなります。

でも糞のせいで死ぬなんて、まっぴらごめんです。

 

 

※始終、下品な言葉で申し訳ありませんが、

  相談女に最もふさわしい言葉の選択をしました。

 

広告を非表示にする

相談女に壊されたもの、無くしたもの

旦那が相談女に関わったことで壊れたもの、無くしたもの。

家族の仲、夫婦の仲、親子の仲、

家族の信用信頼、夫婦の信用信頼、親子の信用信頼。

元気な心と体、愛情、時間。

 

なんでも相談女のせいにするわけではないです。

もともと根底にあったところに相談女のせいで、

関係が悪化して修復が不可能になったのです。

相談女がいなかったら、ここまでこじれることはなかったです。

 

他所の家庭を家族を滅茶苦茶にしても罪に問われず、

何食わぬ顔で生きていられる相談女って幸せですね。

 

旦那が相談女に関わって以来、たまたまかもしれませんが、

物が壊れたり、無くしたものがやたらと多いのです。

 

今日は洗濯ハンガーがボキッと折れました。

わりと最近、新しいものに変えたばかりなのにです。

今年になってから物干しスタンドもボキッと折れました。

金属だから折れないはずと思ったら、接続部のプラスチック部分です。

水巻きのホースリールもボキッと折れました。

根元の蛇口部分です。

ついでにいうと新しく買った方の蛇口パッキンゴムも無くなりました。

コートハンガーもボキッと折れました。

根元から根こそぎです。

バーベキュー用のテーブルチェアもボキッと折れました。

 

私はサングラスを無くしたというか盗まれました。

ピアスを無くしました。

別のピアスの部品を無くしました。

イルカの浮き輪が海に流されました。

 

今、パッと頭に浮かんだだけでこれだけあります。

偶然なのかもしれないけど、立て続けにふとした拍子に壊れました。

気のせいとか不注意もあるのだと思いますが、

不思議と落とし物や無くし物は手元に戻ることが多かったのです。

 

夫婦に関する本に夫婦関係が改善する兆候として、

物が壊れたり、紛失すると書いてあるのを読んだことがあります。

 

本当に大切なものを、失ってはいけないものを、

守るべきものの身代わりになってくれたと思って、

前向きに捉えて自分を慰め戒めています。

 

相談女は自分は関係ないなんて思ってたら、図々しいにも程があります。

人を傷つけたら必ず己に返ること、身を持って知ってもらいたいです。

それが自分が犯した責任であり、償いになるのです。

人を悲しませ、苦しませたら、きっと不幸が起こるでしょう。

それは我が身が招いた報いなのです。

 

 

 

相談女は増殖中

とある女性掲示板サイトに相談女のトピックスがありました。

うん、うん、わかると経験者は被害者の私は頷くことばかりです。

+ボタン押しまくりで共感の嵐でした。

私以外にも傷ついてる妻、悲しんでる妻、苦しんでる人は沢山います。

 

どうして相談女になってる本人と相談女に引っ掛かる本人は、

それに気づかないのか不思議でしょうがありません。

いわゆる脳内お花畑って状態なんでしょうか。

 

ちやほやされたい、かまってほしい、誰でもいい。

相手のパートナーや家族を引っ掻き回して優越感、満足感。

いや、どう考えても屈折してるし、根性悪すぎでしょ。

 

頼られて嬉しい、あわよくば関係を持ちたいという下心。

困った人を助けたいという親切心なんて言い訳は綺麗事。

いや、どう考えても下半身のみでしょ。

 

策略、魂胆、手口、罠を張ってる相談女の元へ防具もつけずに、

自らダイブしていくことは危険じゃないのでしょうか。

結果、傷つくのはパートナーや家族なのにそれがわからない。

 

トピックスの中にあったコメントに社内で部下の相談女との関係で、

『部下と適切な距離を保てない』上司として評価が下がる、

というような内容があって、まさに旦那のことだと思いました。

 

「上司と適切な距離を保てない」部下として、

相談女の評価が下がるでしょう。

 

社内で相談女と相談女に引っ掛かる既婚者がいたら、

プライベートなことだからと会社は関知しないのではなく、

ぜひ人事評価の処遇を下してほしいと思います。

そうした社会的制裁でもないと、本人達は懲りないと思います。

 

旦那の上司は理解と常識を持ってる方で、

親身になって適切な対応をしていただいたことは、

本当に救いでありがたいと思ってます。

 

相談女が増殖せずに減少して、いや、全滅してほしいと思います。

七夕の短冊にでも書けばよかった願い事です。

広告を非表示にする

相談女が原因

やっぱり旦那は7月23日の約束は守ってもらえませんでした。

忘れていたのか覚えていても実行しませんでした。

そうだろうと思っていたのでショックもたいしてありません。

 

このところ体調がめっきり悪いです。

梅雨明けして暑さとともに調子がよくないです。

右手が、指先がピリピリしびれます。

階段上がってもごはん食べても息切れします。

座っていても息切れするのは意外とハードです。

 

2年前から心身ともに体調を崩しているのは、

もちろん相談女と旦那が私的メールしたのが原因です。

 

なんでも相談女のせいにしてると思われるかもしれませんが、

人のせいにするわけではなく、事実なので他に言いようがないです。

2年前の夏以前、私は元気でした。私も元気な自分に戻りたいです。

 

広告を非表示にする

相談女と飲みに行った日の約束

2年前の今日は相談女と旦那が二人で飲みに行った日。

 

marono-oshiri.hatenablog.com

 

去年、7月23日は毎年、謝罪と反省の意味を込めて、

旦那から私にお菓子のプレゼントをすると約束しました。

 

さて、旦那は覚えているのでしょうか。

覚えていたとしても無視して約束を破るでしょうか。

 

旦那にとったら約束を守ることより、破ることの方が重要かもしれません。

 

相談女の記憶

2年前の7月18日は旦那が嬉しそうに休日出勤をした日。

同じプロジェクトチームにいる相談女も一緒だった。

 

2年前の7月23日は2回目の相談をされて、

旦那と相談女が二人で飲んだ日。

 

marono-oshiri.hatenablog.com

 

消したい忘れたい記憶こそ鮮明に覚えてしまってます。

この先、私の脳が生きてる限りは覚えているのかもしれません。

 

最近、相談女のFacebookが見当たらなくなりました。

登録の名前を変えただけなのか、他のSNSに乗り換えたのか。

 

私はFacebookをやっていないからログインしてないし、

他のSNSもやってないから、詳しいことはわからないけど、

その手のツールにあまり興味がないから知らないのと、

アナログ人間だから使いこなせそうに思ってます。

自己顕示欲やら承認欲求の世界に関わりたくない気がして敬遠をしてます。

このブログは記録を残すためにやってます。

 

旦那はFacebookをやっているし、Twitterもやってます。

私に教えてくれないだけで、他にもやっているのかもしれないです。

 

2年前もFacebookでは繋がってなかったらしいけど、

相談女と今もどこかで繋がってないことを願いたいです。

相談女以外の新たな誰かとも繋がってないことを願いたいです。

もう面倒はこりごりで、厄介な人物は勘弁してもらいたいです。

 

広告を非表示にする

相談女の影響

昨日も旦那と喧嘩?いや、旦那が一方的にキレました。

今日は旦那はM大学時代のバスケ仲間と飲みに行くそうです。

 

相談女の一件があって以来、飲みに行くときは時間と場所、

店などを連絡してもらう約束をしています。

なぜなら、唯一の信頼を裏切られて信じられないからです。

 

先週、会社で歓迎会があったのですが、

そのときも連絡がありませんでした。

 

旦那は次々と私との約束を無視して破ります。

 

私は連絡してもらうことで、約束を守ることで、

また裏切られるんじゃないか、裏切ることをしてないか、

その不安を抑えるための方法なのです。

 

今日の飲みのことをメールで聞いても無視して返信なし。

昨日、帰宅して直接、尋ねました。

そしたら自分の顔を殴り、

「飲みにいかねーよ」

「俺は一生、孤独なんだ」

と、泣いて大声出して、地団駄を踏み、

近くにあったミネラルウォーターの段ボール箱を叩き、

ものすごい顔で私は睨み付けられました。

たぶん殺人する時の顔は、殺される時に見る最後は

こういう映像になるんだろうと思いました。

 

私が聞いたのは、

「どこで飲むの?」

「何人来るの?」

「誘われたの?誘ったの?」

 

いつ、どこで、だれは家族が何をするのか、

当たり前のように自分も家族も話しています。

家族がどこにいるのか、誰といるのか、何してるのか、

万が一の時に知らなかったら探しようがありません。

 

まして唯一の信頼を裏切ってるのに、信用がないのだから、

自分の居場所や行動を連絡するのは責任ですが、

旦那は裏切った自覚がないから怒ります。

干渉されることが嫌ならば、信頼信用を保つことです。

 

何を言っても聞いても、ただただ怒ります。

 

以前、友達との交流は疎遠になったと旦那は言ってました。

私もしかりで結婚や出産、育児など環境や立場が変われば、

優先順位もやらなくてはいけないこともあるので、

独身時代のように自分の時間などありません。

 

休日に家族サービスすることは旦那だけではありません。

必ず私も一緒に家族で出かけています。

子どもを旦那に預けることもしないし、出来なかったです。

 

時々、パパ一人で子どもを連れてショッピングモールや、

アミューズメント施設に来ている家族連れを見ると、

私からすれば旦那が思っている当たり前と逆の当たり前に感じます。

子どもがいれば、なんでもお互いさまだと思います。

 

でも、旦那は隣の芝生は青く見えるようで、

休日にお父さんだけでゴルフや釣り、

飲みに出かけることが当たり前のようです。

 

いずれ子どもは親から離れる。

女の子なら特にパパ離れは限りなく近い将来だと思います。

一緒にいたくても子どもから嫌がると思います。

それからでも自分の時間は遅くないと思います。

 

交流が途絶えた友人と飲みに行くと聞いて、

「よかったね」と思ってそれを伝えても、

旦那には私の言ってることがわからないそうです。

 

私も旦那のささいなことが気になります。

このところ家を出る時間が少し遅くなりました。

 

誰かと待ち合わせしてるんじゃないか、

コストコの話は一体誰としたんだろうか、

理由がわからなくて悪い妄想ばかりが浮かびます。

 

本当は存在もしていないかもしれない女の影がちらつき、

もしかして?と不安になってしまうのです。

 

 なんでも怒る旦那、なんでも不安になる私、

どっちも異常なんだと思います。

 

こうなったのは相談女の影響があるのは紛れもない事実です。

だからといって人のせいにするわけではありません。

もちろん旦那と私、お互いの至らないところがありました。

でも、相談女のことがなかったら、ここまでこじれなかったと思います。

旦那と私、こんなに辛い思いをしなくてすんだと思います。

 

相談女のあなたはどう思ってますか?

自分には関係ないと思ってるのでしょうか。

それなら違います。

 

相談女は相手を不幸にします。

相談女は相手を傷つけます。

相談女は相手を悲しませます。

相談女は相手を苦しませます。

 

私が不安になって苦しむことで、

旦那が楽しい飲みになるのかもしれません。

 

広告を非表示にする