ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と守らない闘わない

今日は娘が好きなおもちゃの展覧会に行きました。

混雑していて子供も大人も賑わう会場で、

すれ違いざまに中年女性から後ろ手で、私は臀部を殴られました。

おそらく中年女性と夫婦である男性が、

娘に体当たりをしてきて無理矢理、通ろうとしたので、

私が手でガードしたのが気に入らなかったのでしょう。

相談女由KR同様に子どもを傷つけても、

なんとも思わない非道な輩は世間にもいるのです。


殴られたことを娘と旦那に伝えたところ、旦那が

「誰に殴られた?」と聞いたので、

「おばさん」と私は答えました。

「誰か聞いてどうするつもりなのか?」と旦那に聞いたら、

「何も考えてない。聞いただけ。」言いました。


旦那は家族が傷つけてられても闘おうとも、

守ろうとも何もせずに見て見ぬふりの傍観者です。

娘も目の前でそんな父親の姿を目に焼き付けたでしょう。

私は自分が怪我をしようと、娘を守ることが出来て誇らしく思います。

そういえば旦那と相談女由KRが私的メールする直前の春に、

電車でおそらく精神疾患がある男性と隣合わせになった際、

降車するまで車内をつきまとわれて怖い思いをしたことがあります。

その際も旦那は見てるだけで身を呈することはなく、

守ろうとも制止しようともしませんでした。

その時は相手を刺激しない為と理解しましたが、

本当は何も考えておらず、守ろうとする気持ちがなかったのでしょう。


非道な輩に遭遇したことは不愉快極まりなく、腹立たしいですが、

旦那の態度も不愉快極まりない、腹立たしいです。

日常に暴力行為を行う輩は天罰が下されることでしょう。


私は頑張ることに疲れました。

娘の為に笑顔で楽しくしようと自分を奮い立たせてきましたが、

ひどく疲弊して死にたい気持ちになりました。

あまりに追い詰められて、家に帰宅してから、娘の前で

「ママ、疲れた。生きる気力がない。頑張るのもうやだ」と、

挫けて泣き出してしまいました。

「お願いだから、もう泣かないで」と娘は言いました。

私が泣いたら娘が心配し、悲しむので、

私は泣かないように踏ん張ってますが、

心が折れて沈むと耐えきれなくなります。

風呂の後は息切れで横にならないと苦しくてたまりませんでした。

娘はずっと「大丈夫?」と声をかけて、わたしに寄り添ってくれました。


全ては旦那と相談女由KRが私的メールしたことが諸悪の原因、

災いの源で成敗抹殺されるべき対象が存在してることが許せません。

世間は冷たくて、悪い輩がはこびります。

優しいものは傷つき、悲しみ、苦しむ不公平な世の中です。

相談女と辺鄙

私たちが住んでる場所は旦那に言わせると、

辺鄙なところだそうです。

旦那は辺鄙なところに住むのはイヤだと言ったそうです。

私の記憶にはありません。


確かに駅前徒歩圏内ではないので、バスを使うのは不便ではあります。

しかし、バスを使えば4駅、バス停を一つ歩けば、

6駅を使えるので都内5路線を利用できる環境は辺鄙でしょうか。

東京駅まで1時間前後で通勤可能です。

バス乗車時間は15分前後ですが、バス停、バス路線、

時間帯によって1時間に3本位になります。

不便はありつつも公園も近く、商業施設は駅前に出ればあるので、

静かな住宅街で快適性と利便性はそれなりに整っていると思います。


旦那はどこでもなんでも拒否拒絶してるので、

そのような発言になるとしか思えません。

旦那の実家が県内で東京でいうところのどの地域と相対するのか、

私は見当がつかないのでわかりませんが、

対して変わらないのではという気がするのです。

旦那の実家も駅徒歩圏内ではなかったはずなので、

その点は差がどれだけあるのか疑問です。

そもそも都内と県内ではまた違うと思うので、

比較の仕様がないのかもしれません。


相談女由KRは当時、初台に自宅マンションを所有してたと聞いています。

現在は知りませんが、初台は辺鄙な場所ではないと思います。

だから、どうなのでしょう。

それこそ意味不明ですが、関係あるのでしょうか。


辺鄙な場所というより、旦那が偏屈なのではないでしょうか。

辺鄙な場所と言われるて、住む私が偏屈なのでしょうか。

この土地に何十年も住んでるので、辺鄙な場所の認識がありませんが、

港区やら東京の中心地に居住する人から言われるならともかく、

どんぐりの背くらべの地域に住んでた旦那に言われても、

ピンと来なくて納得いきません。

もう笑っちゃう、呆れちゃうしかありません。

相談女に憂鬱

桜が開花して世間は卒業入学と、

新しい生活が始まる期待感にほころび、

賑やかさに包まれた季節になると、

私はとても気が滅入り憂鬱になります。

そんな気持ちになるのはもちろん、旦那と相談女由KRが私的メールをしてからのことです。


桜も花見も楽しみの一つでしたが、

愛犬を亡くしてからはしてません。

私の中で愛犬と一緒に行った花見が花見であり、

愛犬が一緒でないとしたくもなくなりました。

愛犬と一緒なら桜だろうが、ひまわりだろうが、

コスモスだろうが椿だろうが、何でもいいです。

ただ散歩するだけでいい、何はしなくても愛犬が生きてくれていたら、

それだけでよかったのです。

もうその思いは叶いません。


旦那と相談女由KRが私的メールをせず、

業務上のチームのメンバーだけの関係であるべきでした。

業務以外のコミュニケーションは不必要です。

家族が不愉快になる行為は不適切です。

「当社の資産は人材」の方針を持つM社は家族を傷つける社員を、

人材、資産と思っているのだとしたら非常に残念でなりません。

就活生の方はよく企業研究されていると思いますが、

中にはこのような不適合者も紛れ込んでいますから、

新入社員の方も注意をしてください。

非道な社員がいなければ私の精神も崩壊することなく、

愛犬を救う守る判断が出来たかもしれません。

何より旦那と相談女由KRのことで、

頭がいっぱいになることはありませんでした。

そのせいで愛犬を喪い、命が奪われましたを

相談女由KRは私の苦しみと悲しみも知らず、

知らんぷりして花見や日常を楽しんでいるのでしょう。

他人の日常を家庭を壊しておいて、謝罪と償いもせず、

我儘で卑劣な生き物が存在してるのは納得いきません。

相談女由KRがこの世にいることが憂鬱でたまりません。

この世にいるなら地獄をみてもらわないと、

私たち家族を傷つけた割に合いません。

旦那も同じくです。

相談女由KRと旦那が笑えば笑うだけで、

己の首を絞める力が強固になることでしょう。


本当に憂鬱過ぎて衝動にかられるので、

冷静になるよう心がけています。

色んなものをぶちまけて、自暴自棄になりたくなります。

少しでも旦那と相談女由KRにダメージを与えられるなら、

私はいくら血を流してもいとわないです。

ただ、そうすれば娘も血を流すことになるので、

私だけで動く範囲は限られてしまいます。

現状を打破する鍵がどこにあるのでしょう。

大切なものを守る為に踏ん張ります。

相談女と祈り

どんなに祈っても願いが叶うことはないのかもしれません。

それでも私は祈ります。

私に出来ることをするしかありません。


愛犬の命を救えず守れなかったこと、

一生の後悔と自責の念を抱えながら、

愛犬を慕い思い続けます。

どんなことがあろうと娘を守り抜きます。

どんな手を使おうと娘に刃を向ける者と闘い倒します。


私たちを傷つけた相談女由KRと旦那に制裁を報復を天罰を断罪を、

社会から抹殺されて二度と立ち上がれないほどの地獄を味わってください。

それが私への弔いになるでしょう。

今日ばかりは私の願いが届くよう、

相談女由KRによって苦しんだ悲しんだ思い、

因果応報が必ず相談女由KRに返ることを記したいです。


愛する娘へ。

ママはいつまで生きていられるか、ママは命のある限りずっとそばにいたいです。

パパは優しい父親を演じようとしながら、

会社の後輩で同じプロジェクトチームである相談女由KRと、

業務の範疇を超えて、個人的にメールをして楽しんでました。

ママに内緒で隠し事をして嘘をつきました。

会社が休みの日にも、ママが体調を崩してる時も、

メールしたり、他愛ない会話をして楽しんでたそうです。

ママが悩んだり、困ったりしてもパパは話も聞かず、

ママが寝込んでいても声をかけることないのに、

他人の相談に乗るのは不自然でおかしいことです。

二人でランチをしたり、二人でお酒を飲みに行ったこともあるそうです。

相談女由KRはうちの家庭と家族の仲を引っ掻き回そうと、

悪意を持ってパパに近づいてきました。

パパは魂胆に気付かずに自分がモテる、頼りにされてると勘違いして、

一番大切な家族を傷つけました。

それをたかがメールと言って、自分が悪いことをしたと思ってないそうです。

ママが「心の裏切り」と言ったら、「意味不明」とパパは言いました。


一緒に流した涙、怖い思い、悲しい思い、

一緒にたくさん苦しんだ思いは必ず、

相談女由KRとパパが己の首を己で絞める日が来ます。

手を汚さずとも罪を犯した者は鉄槌が下されます。


直接、言葉で伝えられることは伝えます。

それが出来なかった、間に合わなかった時は、

ママが残した記録を読んでください。

大人になった時、真実と事実を知りたくなった時、

手掛かりを出来るだけ残しておきます。

パパと相談女由KRは護国寺にあるグループ関連会社のビルにいます。

本社と事業所は別の場所にあるので、尋ねる訪ねる時は注意をしてください。

もしかすると相談女由KRは苗字や部署が変更したり、

退職してる可能性もあります。

その時は事情を話して会社に問い合わせをしてください。

会社は教えてくれないかもしれないので、

探偵や弁護士に依頼してください。

困った時は信頼出来る大人に力になってもらってください。


その優しい心と見極める力を持って、

絶対に折れず、しなやかに健やかに成長する姿を、

ママは心から願い守り、寄り添います。


闘いを決心したら、ママは一緒に闘います。

困った時、辛い時、一緒に頑張ろう、

嬉しい時、楽しい時、一緒に笑って、一緒に泣こう。

それが本当の家族だから、親子の絆だから、

信頼と愛情だからです。

一人にはしないから、喜びも悲しみも共に過ごします。

愛する娘へ、ありがとう、ごめんなさい。

相談女と旦那

相談女由KRと旦那が私的メールしなかったら、

人生にもしがあり得ないことは百も承知ですが、

どうしてもそう考えてしまいます。

私たち家族の小さな幸せが壊れることはなかったでしょう。

愛犬との時間をもっと長く充実したものに、

愛犬の命を救う守る選択を出来たかもしれません。


私にとって相談女由KRと旦那は社会的に抹殺されるべき行為をしました。

非道なことをしてなお非道なことをする、

表現のしようもない生命体は絶滅するべきです。


誰かを傷つけて謝罪と償いをせず、無視する輩を許すことは出来ません。


でも、私たち家族がどんなに苦しんで悲しんでも、

誰も見て見ぬフリで通り過ぎていきます。

それが世間なのでしょうが、何もしないのなら、

せめて相談女由KRと旦那の味方や肩を持つのはやめてください。

娘が流した涙があまりに不憫でなりません。


私の白髪と眉間の皺は増えました。

娘の為に生きること、娘を救い守りたいです。


相談女由KRと旦那がどんな形になるか想像はつきませんが、

きっと悲惨で無様な終焉を迎える日が来るでしょう。

それを私が見届けられたら安堵しますが、

必ず訪れると起こると信じ願います。

私の命のある限り祈り続けます。

私の命が尽きた時、それは実を結ぶでしょう。

相談女はもういらない

旦那から「私が作ったケーキやらなにやら、もういらない」と

返信が来ました。

 

旦那に「今日はホワイトデーだね。何をお返しするんだろうね」と

メールをしました。

「私は健診なので終わるまで昼食抜き、水とお茶のみで過ごすから、

スイーツとは縁遠い一日だ」と送りました。

その返信が冒頭です。

 

家族からはいらないのに他所の誰かにもらう方がおかしいです。

家族は排除して他人は受容するとはトチ狂ってます。

旦那からホワイトデーのお返しはありません。

特別、旦那にバレンタインデーをあげてないから当然です。

でもガトーショコラを作ったこと、

食べたことは忘れちゃったのでしょう。

旦那のお腹に入れば味噌もクソも同じなのでしょう。

 

バレンタインデーをくれた方にもういらない、

もういらない、もういらないと何人かわかりませんが、

お断りを伝えればいいだけの話です。

義理チョコはあげる方ももらう方も負担でしかないのが本音です。

あげてもらって迷惑なら、ない方が楽じゃありませんか。

所詮、義理なんですからビジネスライクでやめればいいです。

別に感謝は言葉で伝えられますし、チョコじゃなくてもいいし、

どうしても手ぶらが気になるならば、

チロルチョコブラックサンダーで十分に最高です。

華美でおしゃれなラッピングもいらないし、

有名パティシエのチョコならば、自分か本命にあげればいいです。

 

いやいや、こちらこそ、

もう嘘はいらない

もう隠しごとはいらない

もう浮気不倫はいらない

です。

ついでに、

チョコと土産もいらない

相談はいらない

メールはいらない

はい、もう相談女はいらないです。

 

義理チョコの話だからと甘く見ないでください。

過去において現在進行形において、

何かやらかしてない家庭なら、

義理チョコは問題になりません。

むしろ恐縮するぐらいです。

 

浮気不倫をやらかしたから、

義理チョコさえ火種になるわけです。

既婚者にあげる方ももらう方も、

遠慮と配慮が社会人に必要なルールとマナーです。

 

相手の家族が不快感を示すようなギフトはやめましょう。

感謝を表すなら仕事で返しましょう。

いい仕事(業務)が一番の贈り物です。

 

相談女由KRはもちろんバレンタインデーも旅行土産も、

娘の入学祝いのお菓子まで伏線張りめぐらされてました。

建前のギフトで印象付けて媚び売りが見え見えですが、

旦那は全く魂胆に気づかないから、

お節介が過ぎるなんて生ぬるいこと抜かしてました。

相談女からの宣戦布告を受けて、

家族を守るべき立場のはずが愚かな旦那です。

俺ってモテる、慕われてる、頼られてると、

あらぬ勘違いをしてしまったのだから、

まんまと相談女の作戦に踊らされて間抜けな姿を晒し、

相談女も『チョロすぎて、おやじウケる』と嘲笑していたでしょう。

それなのにお花畑の旦那は有頂天になってたのですから、

情け無いを通り越して憐れで呆れます。

私なら家族が宣戦布告をされたら、危ない橋を渡ってでも闘います。

どんな手を使おうと家族を守り抜きます。

 

安易に姑息な下心を利用して、特別感、個人的を匂わせて、

撒き餌をしてるような相談女はシモでしか使い物になりません。

言葉は汚くて下品ですが、仮設おトイレです。

その場限りでいずれ撤去されて、処分まで必要になります。

 

賢い女性なら相手の家族が喜ぶ配慮と遠慮をわきまえます。

金融ITを支えるM社のSE女性陣は賢い方々ばかりでしょうから、

相談女由KR以外はいないと思いますが、

くれぐれも旦那にバレンタインデーは不要です。

そのお心遣いに感謝します。

いつもありがとうございます。

相談女は絶賛中

相談女の新しい記事を見つけました。

 

相談女と言われる女性の場合は、その話すきっかけを

相談という形で利用しているところに特徴があります。

相談をするような大きな悩みごとがあるわけではないのですが、

話をするきっかけを作るために、相談を意図的に

作りあげることがあるのも、こうした女性たちの特徴です。

このような方法は計算高いと考え嫌っている女性もいますが、

一方で恋愛を始めるための一つのテクニックとして

認めている女性もいます。
引用元:column.550909.com 

 

このサイト自体がどうやら出会い系らしく、

その記事だからなのか根本的に違和感がかなりある内容です。

くれぐれも勘違いしないでほしいのは、

相談女は称賛も推奨もされない存在であるのです。

相談女は確かに相談を手口に異性に近づく女性ですが、

それは相手にパートナーがいる場合にちょっかいを出す厄介な女性のことです。

また、相談女の行為によって誰かを傷つけることが抜けています。

それが一番肝心で大切な伝えるべきことです。

 

フリーの相手に相談するのは恋愛テクニックとして、

おそらく昔から存在するいわば古典的な手法で問題ありませんし、

それは相談女とは呼ばず、単なる恋愛上手、または恋愛好きな女性です。

この相談女絶賛キャンペーンのような内容がおかしくてたまりません。

むしろ上げて下げて相談女を皮肉ってるのが、

本来の意図の記事なのかもしれません。


フリー同士は恋愛テクニックや駆け引き、

思う存分楽しんで世の中を発展させてください。

相談女の困ったところはパートナーのいる異性を、

ターゲットにして相手のパートナーとの関係を壊すこと

自分の優越感や承認欲求を満たすこと

全て自己中心的な行為で周囲に迷惑をかけることが問題です。

 

・恋愛を始めるための一つのテクニックとして認めている女性

いや、これ相談女本人だけです。

おそらく相談女以外の女性は忌み嫌うのが常です。

仮に恋愛テクニックとして用いたとしても、

それをバレたくないと相談女本人も思ってます。

自分が相談を手口にして恋愛成就したと知られたら、

陰口叩かれて悪評酷評されることが目に見えてます。

だから相談女のレッテルを貼られたくないのが本音です。

だってそんなあざとくて狡さが滲み出てる彼女、

彼氏は世間に晒して恥ずかしいと思うし、

可愛い魅力だと自慢に感じないと思います。

世間だってまんまとハメられた、引っ掛かったという印象を持つでしょう。

 

私が知るのは相談女由KRだけですが、

相談女と言われて思われて嬉しくは思ってないでしょう。

でも他人に酷いことを平気でしてるのに、

自分が悪く言われるのは嫌だと言うのはわがままです。

 

※相談女の記事まとめはこちらも参考にしてください。

 

marono-oshiri.hatenablog.com