ー旦那が相談女に狙われた妻ー

旦那と相談女に謝罪と反省と償いを願う遺書ブログ

相談女と一周忌

明後日は愛犬が亡くなって一周忌です。

旦那から法要に車は出すけど参列はしないと言われました。

愛犬は旦那を家族として迎えたのに、旦那は愛犬を家族として扱わず、

あまりに不憫でうかばれないことが悔しくて心苦しいです。

 

愛犬がクッシング症候群と診断を受け、

服用を始めたのが昨年10月29日だったと思います。

それから3週間余りで愛犬はこの世を去りました。

日に日に衰弱し、声もあげず、横たわり、苦痛に耐えていました。

食いしん坊で食べることが大好きだったのに、

食べられないまま亡くなりました。

 

もし、他の医療機関、他の医師、他の選択肢を選んでいたら、

愛犬の命を助けることが救うことが出来たかもしれません。

たった3週間前まで散歩も出来て、ごはんも食べられて、

元気でいたのですから、命を奪われてしまったのです。

 

私が旦那と相談女由KRが私的メールをしたことで意識をとられ、

愛犬に100%向き合うことが出来なかったので、

愛犬を守ることが出来ませんでした。

 

旦那と相談女由KRは私と娘を私的メールで傷つけたうえに、

かけがえのない家族まで犠牲にしました。

それでもなお謝罪と反省と償いをせずに、しらばっくれたままです。

 

きっと私のブログを知る人間は存在するはずです。

旦那と相談女由KRがどこの誰であるか心当たりがあるでしょう。

旦那と相談女由KRに処罰が下るよう、

この事実を周囲に認知してもらえるよう協力お願いします。

 

不貞行為は証明できなくても、たかがメールではありません。

家庭を崩壊させ、夫婦関係を悪化させた立派な原因です。

それは業務上の立場と知り得た情報を不適切に利用し、

私利私欲の目的の為に他者を傷つけた反社会的行為で、

私と娘は精神的苦痛を余儀なくされています。

娘が流した涙、娘の傷ついた心、愛犬の命

この悲しみと苦しみ、娘の為に力を貸してください。

パパと一緒にいたいという娘が可哀想でなりません。

 

愛犬が苦しんでいた期間、静かに過ごしたいと思ってましたが、

旦那が大声を出し、暴れ、それどころではありませんでした。

私もいつか暴れなくてはならないのでしょう。

どういう形でどう暴れるのか自分でも想像はつきません。

ただただ、消えない怒りと悲しみ、戻らない命の代償は必ずや、

旦那と相談女由KRに責任を果たしてもらうまで、

どこまでも逃がしはしません。

絶対に絶対に許しません。

相談女は汚い

相談女の新しい記事を見つけました。

引用元:shiritagirl.jp

 

相談女は汚い、言葉通りです。

身も心も穢れている生き物です。

近づけば触れれば、無事ではいられません。

百害あって一利なし、相談女はデメリットしかありません。

他人に迷惑をかけて、他人を傷つける刄です。

 

相談女由KRに天罰と処罰がくだされることを心から願います。

因果応報としての報いが必ずなければ、

娘が流した涙、傷ついた娘の心を見て見ぬフリは、

怨讐として暴れるしかありません。

私と娘が受けた精神的苦痛の責任を果たしてもらいます。

執念が怨念に変わる日まで、私は鬼になります。

怨念になれば私は自由に思うがままです。

どこにいようと何をしようと何年、何十年経とうとも、

絶対に忘れません、逃しません。

私の身に何かあれば、これが遺書になります。

死人に口なし、そうはさせません。

死んだとしても思いを言葉に記録を残し、

旦那と相談女由KRの不義で自己中心かつ、

他者への思いやりに欠けた行為を示します。

旦那と相談女由KRが謝罪と反省と償いをしない限り、

命が尽きたとしても終わりはないのです。

私の願いは思いは娘が継ぐでしょう。

足枷に重荷に傷痕にならないように私は娘を守ります。

 

※相談女の記事まとめはこちらも参考にしてください。

 

marono-oshiri.hatenablog.com

 

 

相談女と理解

私の思いは旦那を含め誰にも理解されることがないのかもしれません。

私がいくら叫んでも泣いても、誰の心にも届かないのかもしれません。

私一人だけが苦しみ悲しみ、大袈裟だ馬鹿げてると、

嘲笑だけで同情も共感もないのかもしれません。

私は笑われても構いません。

同情も共感もされなくても仕方がありません。

旦那と相談女由KRの味方はいても、

私の味方はいないのかもしれません。

でも、傷ついた娘はどうなるのか、

無知に旦那と相談女由KRの味方はしないでください。


私が思いを話せば、迷惑でしかならず、

人は離れていくのかもしれません。

私は旦那を含め誰も信じられないです。

私はいない方がいい、私が黙ればいい、

そう思われているのかもしれません。

私は追い詰められているので死がよぎりますが、

もちろん娘がいるから死ねません。

だから心が死にました。

旦那と相談女由KRによって殺されました。

残された命を全うするしかないのです。

たとえ助けを求めても旦那同様に無視され、

邪険にされるのが関の山でしょう。

私の居場所は冷たい風が吹きます。

私の居場所は凍るような風が吹きます。

私はいくら吹きさらしでも構いませんが、

娘が一緒に巻き込まれてしまうことは避けたいです。

娘が苦しまないように悲しまないように、

困らないように傷つかないように、

娘の心を壊さないように守らなくてはなりません。

娘の心を傷つけた者にお仕置きが待っているでしょう。

相談女と救済

相談女についての新しい記事を見つけました。

引用元:noel-media.jp

 

引用元:skylovelabo.com

 

相談女の存在は世の中にだいぶ周知されてきた一方、減るわけではないのが憤りを感じます。

それだけ被害者が多くいるというのが現実です。

私をはじめ苦しんでる被害者が救済されることを願います。

 

※相談女の記事まとめはこちらも参考にしてください。

 

marono-oshiri.hatenablog.com

 

 

 

相談女と大喧嘩

今日、旦那が新しいスマホ(自分で破壊)を買いに行くつもりと言うので、

「新しいスマホにするならパスワード変えないでね」と言いました。

そしたら、「買わない」と言われました。

「じゃあ、一時的に使用予定だった古いスマホにしても、

パスワードを変えないでね」と言うと、「うるさい」と言って、

いつものように大声を出しました。

 

いくら私が言ったところで、

旦那がパスワードを変えてるかどうかわかりません。

新しいスマホにするのは構いませんが、

パスワードを変えて嘘や隠し事をされるのはもう嫌です。

やましいことがないなら、パスワードを教えてもらうことは唯一の証です。

私はお願いとして言ってますが、

旦那は『命令だ、嫌がらせだ』と言います。

旦那は『信頼関係などない』と言います。

だからこそパスワードを変えてロックされれば、

何かがあると気になって悪い想像と不安に襲われます。

それは旦那と相談女由KRが私的メールをした前科があるからです。

私にとってそれこそ嫌がらせです。

 

娘とゲームの最中だったのに、部屋を出て行こうとするので、

ゲーム途中だからと制止をしたら、

旦那は頭を壁に打ちつけました。

私を殴りたいけど殴れば娘が悲しむから、

自分の顔を殴るんだと殴り出しました。

そのあと、狂ったように「逃げなきゃ」と挙動不審に、

窓から飛び降りようとする素振りで窓に近づいたので、

私は精一杯の力で引き止めました。

もうお互いにになんと言ったか、言われたかもわかりません。

怒鳴りあいで話になりませんでした。

娘は泣き出して、『喧嘩をやめて』と可哀想な思いをさせてしまいました。

私の母も来て余計にこじれて、旦那は罵詈雑言の嵐でした。

旦那はまた壁に頭を打ちつけ、ドアにも打ちつけました。


いつも旦那は大声を出し暴れて、

私達を威嚇して攻撃をしてくるのです。

私にやっつけられると言いながら、

私達をやっつけてることがわからないのです。

そうした姿を娘に見せることは娘を傷つけるのに、

自分は限界だと自分のことばかりです。

何か言えば聞けば、こうなると脅してるのですから、

何も言ったり聞いたり出来なくなるのは、

命令と変わらないと思います。


もともと不仲の私達で、お互いに悪いところはあるのですが、

こんなに険悪になり、いつ何が起こきてもおかしくない状況になった原因は、

旦那と相談女由KRが私的メールをしてからのことです。

 

相談女由KRは他所の家庭を引っ掻き回しながら、

自分は悪くないとしらを切ってるのです。

会社の方がご存知であるなら、処罰はしてもらえないのでしょうか。

私と家族は相談女由KRのせいで大変迷惑をしています。

なにより私の娘が傷つきました。

どうしたら対応してくれるのでしょうか。

私たち家族がそう望むことは許されないのでしょうか。

そして会社は私たち家族を傷つけた社員を許すのでしょうか。

会社にご迷惑をおかけしたくはありませんが、

他にどこが誰が相談女由KRに処罰する権限があるのでしょう。

旦那が嘘をついていて、もはや相談女由KRは、

会社に在籍していないのでしょうか。

 

相談女の手口を見抜けず、まんまと引っ掛かった旦那も同罪ですが、

主犯格は相談女由KRであることは間違いないです。

でも、被害者である私と娘は社員の家族は蚊帳の外で、

罪を犯した社員が守られるなら、どこに訴えましょうか。

泣き寝入りをさせて臭い物に蓋をするのでしょうか。

旦那と相談女由KRが未だ処罰されないのは、

会社もたかが私的メールでスルーという判断なのでしょう。

子どもまで傷つき、どんなに涙を流しても、

関与しないのが会社なのでしょう。

それが世の中なのでしょうが、非常に残念無念に思います。

私の思いが然るべきところに届くことを願ってやみません。

心が通じる、気持ちが通じる、そんな神様のような人と場所は存在しないのでしょう。

今度は私が暴れなくてはならなくなります。

私まで暴れたら娘はもっと泣くでしょう。

蓋をされた私は旦那と相談女由KRと、

無視する世の中から死ねと言われてるのです。

相談女とぶっ壊す

昨日、娘の塾のことで旦那と言い争いになりました。

学年が上がると塾に通う日も多くなり、

勉強も難しくなるので旦那に塾の送りと、

勉強を見てあげることを確認したのですが、

「やるよね?」と聞いた私の言い方が気に入らなかったようです。

塾に通うと決めた時から、それはすでに伝えていたものです。

もともと今年度の予定で予想してたものと、

塾の来年度の予定が大幅に変更になった為、

こちらが合わせるしかないのは仕方がないと思います。

 

子供の年齢が低いうちは塾や受験は子供だけの力では無理で、

親のサポートとフォローが必要不可欠だと思っています。

 

基本的に塾の送迎は私がやるつもりですが、

土曜なら車を出せるので旦那に任せるわけではなく、

私も付き添って送迎をしています。

平日も私が送迎はやるつもりですが、

通う日が増えたり、私の体調が悪ければ、

旦那に代わってもらわなければなりません。

旦那は頼まないとやってもらえませんが、

私は頼まれなくても娘の送迎をしています。

 

来年度は旦那にも平日に塾の迎えと、

勉強を教えてあげないといけないのに、

「やらないと言っておく。

今の家庭を維持する前提の約束なんかしない。」と返信がありました。

 

やらなければ誰が困るのか、それは娘なのですから、

優先して考えるべきことなのに、やるというのは命令だと言います。

 

旦那に電話をしたら、いつものごとく、

「自分が悪いのか、お前が家を壊してる」、

そのような罵詈雑言の応酬でした。

極め付けは、

「エヘヘ、今にみてろ。壊してやる、

全てぶっ壊してやる、会社も辞めてやる。

お前の一番大事なのは

娘なんだから壊してやる」と言われました。

 

旦那は私が送ったメールを娘に見せると言うので、

それは構わないけど、それなら電話も直接、

娘と話した方がいいと娘を呼び、一緒に電話で話しをしました。

たいした話も出来なかったのですが、娘は辛かったと思います。

 

そして音声が乱れたと思ったら、

スマホを床に投げつけたらしく、

スマホは壊れて切れてしまいました。

 

記憶が曖昧な部分もあり、言ったセリフは正確でないかもしれません。

 

事務連絡をして確認をしたまでなのに、

ブチ切れられるのは困ります。

 

それでも娘は『パパがいない方が嫌だ』と言いました。

私は娘の気持ちに寄り添った行動をしてるつもりですが、

旦那が望んでることと逆なので、裏目に出てしまいます。

 

特に浮気不倫につながること、つながりを感じる矛盾点などがあると、

病的に気になって恐ろしいまでの不安に襲われます。

そして旦那に聞いたり、伝えると『攻撃だ、やっつけられる』と言われます。

 

それは相談女由KRと旦那が私に隠れて私的メールをし、

身勝手な欲求で家族家庭を顧みずに、

謝罪と反省と償いをしないままだからです。

 

また、同じことが繰り返されるのではないか、

起きているのではないかと私は怯えています。

もちろん同じこと、それ以上のことがあれば、

私は私でいられなくなってしまい、

娘を守ることが出来なくなってしまいます。

だから旦那が浮気不倫すること、他所の異性とつながることは、

娘を守れなくなること、娘を傷つけることで、

絶対に許されざる行為なのです。

相談女と蜘蛛

娘は蜘蛛が大嫌いです。

我が家では蜘蛛を見つけると、出来る限り殺しています。

私は蜘蛛を相談女由KRだと思って駆除しています。

女の子にしては珍しく虫好きな娘が、

蜘蛛だけは唯一嫌っています。

蜘蛛の巣でさえ鳥肌が立つと言います。

 

先日、車のタイヤが車止めのような石にぶつかりました。

その車止めのような石はカーブの角に、

保護の為に置かれていたのですが、

気付かなかったのか、避けきれなかったか、わかりません。

タイヤは無事だったのですが、嫌な音がしました。

 

車から降りたあとに娘はその石に向かって、

怒りをあらわにして蹴るような真似をする素ぶりでした。

『私たちを傷つけるもの、困らせるものは許さない』と、

口に出して言葉にしなかったものの、その気迫が伝わり、

私たちを守ろうとする勇敢な姿は、

娘の逞しさと頼もしさを感じました。

 

娘は私たちを苦しませ、悲しませ、傷つけた、

相談女由KRを決して許さないと思います。

幼心に相談女由KRが罪人であること、きちんと理解してると思います。

相談女由KRだけではなく、旦那が共犯であること、

父親が私たちを守ろうとしなかったことも理解してると思います。

身勝手な欲求の為に何の罪もない娘に、

辛い思いを子供の心に押し付けたこと、

謝罪と反省と償いをしてください。

 

蜘蛛を見つけたら、娘の為に退治します。

絶対に逃しはしません。